SHIINBLOG

旅ログ   グルメ情報&おでかけ情報

静岡の旅行会社「千代田タクシー観光事業部」のブログです。人気カテゴリーの「おでかけ情報」や「グルメ情報」では他のサイトでは紹介されていないような穴場情報も数多く掲載しています。また、静岡側からの南アルプス情報や静岡発・清水港発の各種観光モデルコースもおでかけの参考にしてみてください。              

桜花爛漫 ~The Way I Walk~

千代田タクシー観光事業部ブログ

静岡発 観光モデルコース(2泊3日 しまなみ海道から巡る高知&徳島 大塚国際美術館)

静岡からは新幹線で広島県を目指します

f:id:apocket:20190714061445j:plain

 

静岡から四国しまなみ海道を観光しながら、高知や徳島を巡るとなると初日は新幹線で広島県を目指していただきます。ご乗車いただくのは、静岡駅6時41分発のひかり493号広島行きです。

こちらの新幹線は静岡発で唯一の広島行きで、早朝発ということもあって、のぞみ並みの速さで広島県まで行くことができるんです。

 

9時32分福山駅到着

f:id:apocket:20190714061945j:plain

 

下車していただくのは広島県福山駅。こちらの到着時間が9時32分。静岡から3時間掛からず広島県に来ているんです。今回は、この福山駅に千代田タクシーのジャンボタクシーを配車いたしました。もちろん、前日にお荷物を受け取りにお邪魔して、ジャンボタクシーは前乗りをしているので、お客様は手ぶらで福山まで来ることができます。

 

f:id:apocket:20190714062508j:plain

 

今回は5月中旬頃でしたが、福山はバラの街として知られていて、福山の街全体がバラの香りに包まれていました。写真は改札前にあったハートのバラです。

 

9時45分 福山駅を出発

f:id:apocket:20190714062716j:plain

 

福山駅に到着したら、まずは北口を一歩出てみます。すると駅正面間近に福山城の雄姿を見ることができます。こちらを見ていただいた後は、南口地下の送迎レーンより旅のスタートです。

 

10時20分 早速しまなみ海道へ

f:id:apocket:20190714063031j:plain

 

福山駅からは国道2号線を西へ。40分も走るとしまなみ海道の入口があって、ここから瀬戸内海の島々に掛かる橋を渡りながら四国を目指します。本州を離れ向島、因島、生口島、大三島、伯方島を経由して瀬戸内海に浮かぶ島の1つ大島を観光してみます。

 

11時20分 よしうみバラ公園に到着

f:id:apocket:20190714063600j:plain

 

大島に入って、最初に訪れたのが、よしうみバラ公園です。福山市内もバラが素晴らしかったんですが、こちらも正に春バラの見頃を迎えていて満開の状況でした。

 

f:id:apocket:20190714063757j:plain

 

園内はこれだけのバラが咲き乱れている状況ですが、こちらのよしうみバラ公園は、なんと入場が無料!そして、駐車場も整備されていますが、駐車料金も必要ありません。

バラが見頃の時期であれば、行かない手はないでしょう。

 

よしうみバラ公園

〒794-2103

愛媛県今治市吉海町福田1290【MAP

☎0897-84-2970

9:00~16:00

【定休】年中無休

 

12時00分 亀老山展望台へ

f:id:apocket:20190714064633j:plain


よしうみバラ公園からすぐの場所にある亀老山です。その山頂には展望台が整備されていて、360度の絶景を堪能することができます。駐車場から展望台までは階段のみで、バリアフリーにはなっていませんが、その展望台は行く価値ありの絶景です。

こちらは新国立競技場で話題にもなった隈研吾さんの設計ということでも知られています。

 

見渡す限り遮るものの無い絶景

f:id:apocket:20190714064910j:plain

 

展望台からは島々をつなぐ橋や瀬戸内海の絶景を眺めることができます。写真は来島海峡越しに奥には四国本土の今治が見えています。天気が良ければ、四国で一番高い石鎚山もはっきりと見えます。

 

亀老山展望台

〒794-2114

愛媛県今治市吉海町【MAP

 

12時30分 道の駅よしうみいきいき館で自由昼食

f:id:apocket:20190714065849j:plain

 

しまなみ海道にはおしゃれなカフェが点在していて、本当はそんなお店でランチをしたかったんですが、行程の都合もあって、道の駅で自由昼食ということにしました。

 

f:id:apocket:20190714070320j:plain

 

道の駅には店内に食事処や海鮮BBQが楽しめるエリアもあって、食事に困ることはありません。ただ、せっかくの絶景なので、自分は名物の鯛めしを購入して、港に腰かけて食べることにしました。港越しにしまなみ海道の橋が見えるので、これはこれでおすすめのランチです。

 

道の駅よしうみいきいき館

〒794-2114

愛媛県今治市吉海町名4520-2【MAP

☎0897-84-3710

9:00~17:00

【定休日】元日

 

13時20分 来島海峡急流観潮船に乗船

f:id:apocket:20190714071324j:plain

 

道の駅から歩いてすぐの場所に来島海峡急流観潮船の乗船場があります。乗船券は道の駅で販売しているので、購入を済ませてから乗船場へ向かいましょう。

 

f:id:apocket:20190714071506j:plain

 

乗船すると、来島海峡に架かる橋をくぐったり、今治の造船場で建造中の船を見たりすることができます。もちろんガイド付きです。

 

来島海峡は日本三大急潮流の1つ

f:id:apocket:20190714071827j:plain

 

前半はゆったりとしたガイド遊覧でしたが、後半はいよいよスリル満点の来島海峡の潮流を楽しむことになります。写真は島に近づいたのですが、川の流れのように潮が流れています。

 

もちろん「うずしお」も

f:id:apocket:20190714072219j:plain

 

「うずしお」と聞くと鳴門海峡をイメージしますが、こちらの来島海峡も潮流が速いのでうずしおが頻繁に発生します。大きなうずしおを見たい場合は観潮表をあらかじめチェックしておくといいでしょう。

 

来島海峡急流観潮船

〒794-2114

愛媛県今治市吉海町名4520-2(道の駅よしうみいきいき館)

☎0897-84-3710

9:00~16:00

【定休】元日、12月~2月(5名以上の予約があれば運行)

 

17時20分 高知市内で1泊

f:id:apocket:20190714074225j:plain

 

しまなみ海道を経て今治市内に入ったあとは、松山自動車道・高知自動車道を経由して高知市内へと入ります。高知は市内に路面電車が走る情緒のある町並みで、今回は高知城近くにある旧土佐藩主の山内家にゆかりのある三翠園で1泊しました。こちらは街中にありながら天然温泉も楽しむことができるんです。

 

高知城下の天然温泉 三翠園

〒780-0862

高知県高知市鷹匠町1-3-35【MAP

☎088-822-0131

 

三翠園のお得な宿泊プランは下のリンクをクリック!

高知城下の天然温泉 三翠園(さんすいえん)

 

徒歩圏内には「ひろめ市場」も

f:id:apocket:20190714075410j:plain

 

こちらは、昼・夜にかかわらず地元民はもちろん、観光客が集って酒を酌み交わす場所として知られています。

 

f:id:apocket:20190714075612j:plain

 

市場内はフードコート形式になっていて、自分の席を確保したら、ひろめ市場内のお気に入り店舗でつまみやアルコールを購入して盛り上がります。

上の写真は平日の夜の様子ですが満席の状態です。自然と相席になって、相席になれば知らない相手とも、会話がはじまりさらに盛り上がっていきます。

 

f:id:apocket:20190714075909j:plain

 

高知まで来たら食べたい本場の「かつおのたたき」です。目の前で藁焼きしたものを、その場で食べることができる幸せ。藁で焼いたばかりなので、表面はまだかすかに温かさが残っています。

本場高知の「かつおのたたき」は下のリンクからお取り寄せできます。

明神水産 楽天市場店

 

ひろめ市場

〒780-0841

高知県帯屋町2丁目3番1号【MAP】

088-822-5287

8:00~23:00(日曜は7:00~)

年中無休

 

8時45分 高知三翠園を出発

f:id:apocket:20190714080829j:plain


翌日は、8時45分に三翠園を出発して高知を代表する観光地「桂浜」を目指します。

 

9時20分 桂浜に到着

f:id:apocket:20190714081036j:plain

 

三翠園を出て太平洋を目指します。そして朝一番桂浜に到着です。

 

まずは坂本龍馬像を

f:id:apocket:20190714081226j:plain

 

これは有名すぎる高知の坂本龍馬像です。駐車場から階段を上った高台で海の向こうを眺めるように設置されています。やっぱ本物は凛々しさが違いますね。

 

10時10分 高知県立坂本龍馬記念館を見学

f:id:apocket:20190714081530j:plain

 

坂本龍馬像からすぐの場所にある、高知県立坂本龍馬記念館です。こちらでは、坂本龍馬のあゆみを資料を交えながら知ることができます。

 

高知県立坂本龍馬記念館

〒781-0262

高知県浦戸城山830【MAP

☎088-841-0001

大人490円(企画展の開催時は700円 常設展のみの観覧は不可)

※高校生以下無料

9:00~17:00

年中無休

 

SEA HOUSE(シーハウス)で昼食

f:id:apocket:20190714082107j:plain

 

崖から海に突き出るようにした建物。これが2日目の昼食場所「SEA HOUSE(シーハウス)」です。館内は2階建てになっていて、1階がお座敷スタイル、2階がイス・テーブル席になっています。

 

気になる店内からの眺めは

f:id:apocket:20190714083349j:plain

 

どの席でも、写真のような雄大な太平洋を眺めながらお食事ができます。

 

f:id:apocket:20190714083454j:plain

 

いただいたのは、オムライスと土佐牛のカットステーキです。この他にも、和食・洋食様々なメニューがあるので、全ての年代の方が安心して訪問できるお店です。

ただ、人気店舗なので、開店後すぐに満席になってしまいます。平日は予約が可能なようなので、平日は要予約です。

 

SEA HOUSE

〒781-5700

高知県安芸郡芸西村西分乙54-1【MAP

☎0887-32-2880

11:30~20:00

【定休】火曜日・12月31日・1月1日

 

12時50分 手結架道橋を見学

f:id:apocket:20190714084134j:plain

 

さぁ、次の目的地へ!と進もうとしたところ、写真のように道路が垂直に立ち上がって壁のようになってしまっています。これは…

 

f:id:apocket:20190714084308j:plain

 

ここは手結港。ということで、港になりか秘密がありそうです。

 

f:id:apocket:20190714084403j:plain

 

こちらの道路を横から見るとこんな感じで天に向かっていく発射台にも見えます。

そして13時00分になると…

 

f:id:apocket:20190714084514j:plain

 

道路が少しずつ動き出しました。

 

f:id:apocket:20190714084606j:plain

 

かなり水平に近づいてきました。

 

f:id:apocket:20190714084656j:plain

 

そして、何事も無かったかのように普通の橋になりました。

こちらは、手結港の船が往来するために設けられた架道橋で、1日に何回か開閉を繰り返してします。某自動車メーカーのCMにも採用されたので、CMで見たことがある方もいらっしゃると思います。

 

手結架道橋

高知県香南市夜須町手結付近【MAP

架道橋が動く時間は香南市HPをご確認ください。

 

14時50分 祖谷のかずら橋を散策

f:id:apocket:20190714085332j:plain

 

高知から徳島に向かう途中の国道に大歩危・小歩危という渓谷が美しい場所があります。そこから、山あいの祖谷という場所へと入ってきました。こちらは平家の落人が移り住んだと言われていて、人里離れた場所に集落があります。

そんな祖谷に架かる橋が「かずら橋」です。

 

f:id:apocket:20190714085602j:plain

 

これが祖谷渓に架かるかずら橋です。木製で45mと聞くと大したことなのない橋に思えますが…。

 

f:id:apocket:20190714085818j:plain

 

この隙間部分が多いこと!下の祖谷渓までの高さもあるので、橋の向こうは見えているものの、なかなか対岸にたどり着くことができません。このかずら橋は、逃れてきた平家の人々が、追手が迫った時に、橋を切り落としやすくするために、このような構造になったそうです。

また、こちらは気を付けないと、何かを落としてしまった場合、取りに行くことはできませんので、ご注意ください。

 

祖谷のかずら橋

〒788-0102

徳島県三好市西祖谷山村善徳162-2【MAP

☎0120-404-344

7:00~17:00

大人550円 小人350円

年中無休

 

18:00 鳴門温泉 アオアヲナルトリゾートで1泊

f:id:apocket:20190714091153j:plain

 

ちょっと遅めの18時00分に鳴門温泉のアオアヲナルトリゾートに到着しました。

 

名物の阿波踊りショーを毎晩開催!

f:id:apocket:20190714091411j:plain

 

徳島県と言えば「踊る阿呆に見る阿呆、同じ阿呆なら踊らにゃそんそん」でおなじみの阿波踊りが見られる地域でもあります。祭りの開催が毎年8月お盆の時期で、それ以外でも徳島市街地にある阿波踊り会館で見ることもできますが、こちらのナルトリゾートでは毎晩阿波踊りショーが開催されています。

 

f:id:apocket:20190714091707j:plain

 

最初は見ているだけの阿波踊りでしたが、踊りの指導が始まりました。

 

f:id:apocket:20190714091801j:plain

 

最後には、ステージやお客さんが一体となって、みんなで阿波踊りを踊ります。

やっぱ「踊らにゃそんそん」ですね。せっかく旅に出たのなら思う存分楽しみましょう。

 

アオアヲナルトリゾート

〒772-0053

徳島県鳴門市鳴門町土佐泊浦字大毛16-45【MAP】

☎088-687-2580

アオアヲナルトリゾートのお得な宿泊プランは下のリンクをクリック!

アオアヲナルトリゾート(旧ルネッサンスリゾートナルト)

 

最終日は9時20分に出発

f:id:apocket:20190714092020j:plain

 

ホテル建物の奥に見えているのは、鳴門海峡に架かる鳴門大橋です。

最終日は大塚国際美術館に行くことが目的です。美術館まではホテルから5分で行くことができるので、オープン10分前の9時20分に出発です。

 

9時30分 大塚国際美術館を見学

f:id:apocket:20190714092239j:plain

 

鳴門にある大塚国際美術館です。展示されているものは全てレプリカですが、世界中の名画が原寸大で精巧に再現されています。なので、写真のシスティーナホールは、ローマにあるシスティーナ礼拝堂と同じサイズで再現されています。

つまり、ここにくれば世界を旅しなくても、世界中の名画を鑑賞することができます。

 

f:id:apocket:20190714093037j:plain

 

例えば、パリのルーブル美術館に展示されているモナ・リザ。

 

f:id:apocket:20190714093154j:plain

 

こちらは、オランダのマウリッツハイス美術館に展示されている、真珠の耳飾りの少女

 

f:id:apocket:20190714093551j:plain

 

これは、パリのオルセー美術館に展示のミレーの代表作落穂拾い。

 

f:id:apocket:20190714093717j:plain

 

オスロ国立美術館展示、ムンクの叫びですね。

 

f:id:apocket:20190714093828j:plain

 

ロンドン、ナショナルギャラリー所蔵のゴッホひまわりです。

 

あっ!触っては…

f:id:apocket:20190714094000j:plain

 

そんなゴッホの名画ひまわりに触っては…いいんです。

これは陶板レプリカだから可能なこと。そして、この陶板レプリカは2000年の時を越えても全く色あせないとされています。

 

名画を屋外に展示?

f:id:apocket:20190714094426j:plain

 

パリのオランジェリー美術館に展示されているモネの睡蓮です。この睡蓮は作者のモネとしては、日光のもとで観賞してほしいと作画されたそうですが、そんなことをしたら紫外線で絵が傷んでしまいます。ですが、陶板レプリカなら…

 

f:id:apocket:20190714094805j:plain

 

モネの見せたかった本来の睡蓮を鑑賞することもできます。

 

f:id:apocket:20190714095859j:plain


そして、こちらがレオナルドダヴィンチの「最後の晩餐」です。上の絵はもちろん修復された後のものなんですが…

 

f:id:apocket:20190714095002j:plain

 

こちらでは、修復前のものが向かい合わせに展示されていて、修復前と修復後を見比べることもできるんです。こんなことができるのもレプリカだからこそ。

レプリカだからと侮らずに、まずは1回大塚美術館を訪問してみてください。

 

大塚国際美術館

〒772-0053

徳島県鳴門市鳴門町鳴門公園内【MAP

☎088-687-3737

9:30~17:30

一般3,240円 大学生2,160円 小中高生540円

【定休】月曜日(8月は無休)

 

11時50分 カリフォルニアテーブルでランチ

f:id:apocket:20190715002211j:plain

 

大塚国際美術館から車で10分くらいの場所にあるカリフォルニアテーブルでランチです。こちらは高台にお店があるんです。

 

f:id:apocket:20190715002335j:plain

 

店内に入って、テラス席へ案内してもらえれば、鳴門海峡を眺めながらのランチを楽しむことができます。

 

f:id:apocket:20190715002441j:plain

 

ランチは3,240円のコースからで、地産地消をモットーにコース料理を楽しませてくれます。

 

f:id:apocket:20190715002617j:plain

 

メインは徳島県産の「阿波尾鶏」を使用したグリルです。

 

f:id:apocket:20190715002712j:plain

 

デザートまでしっかりと手抜きの無い内容で、絶景を眺めながら、この内容のランチであれば、3,240円でもコスパは高いかと思います。

サービスに関しても、こちらのお店はホテルリッジの敷地内にあるレストランなので、サービスレベルも相当高いんです。ランチは予約必至のお店です。

 

カリフォルニアテーブル

〒771-0367

徳島県鳴門市瀬戸町大島田字中山1-1【MAP

☎088-688-0212

11:00~21:00

 

ホテルリッジのお得な宿泊プランは下のリンクをクリック!

鳴門パークヒルズ ホテルリッジ

 

14時20分 淡路SAにてお土産購入のショッピング

f:id:apocket:20190715003646j:plain

 

淡路SAにはハイウェイオアシスが併設されていて、徳島県や淡路島の地場産品はもちろん、四国一円のお土産も置いているので、ショッピングにはおすすめです。

 

21時00分 静岡市内に到着

途中、パーキングエリアで休憩や夕食の時間を取って、静岡市内に21時00分頃戻ってきました。今回はしまなみ海道と高知・徳島を2泊3日で巡ったので、ちょっと急ぎ足でしたが、もう1泊追加して3泊4日であれば、ゆったりと見て回ることも可能です。

 

観光コース・タクシーツアーの情報はこちら

おでかけ情報はこちら

グルメ情報はこちら