SHIINBLOG

旅ログ       グルメ おでかけ情報

あちこちを旅をして そんな旅の様子を綴っています

藤枝総合運動公園サッカー場観戦ガイド(アクセス・座席配置等)

藤枝総合運動公園サッカー場でのデーゲーム

2021年7月10日 Vsガイナーレ鳥取 キックオフ

藤枝MYFCは2023年にJ2への昇格を果たしました。スタジアムへのアクセスや座席について 不明な部分が多かったので 観戦記のような形で それらをご案内していきますので 観戦の参考にしてみてください。(上の写真は2021年7月10日 Vsガイナーレ鳥取のものです)

藤枝総合運動公園サッカー場までのアクセス

藤枝運動公園サッカー場 シャトルバス乗場 案内

今回ご紹介する藤枝総合運動公園サッカー場へのアクセスは とても不便です。J3時代には 観客数も少なかったために 運動公園内の駐車場が開放されて 自家用車で行くことのできるスタジアムでした。

藤枝総合運動公園サッカー場

〒426-0086 静岡県藤枝市原100 MAP

公共交通の場合

公共交通でスタジアムに行くのは とても不便です。路線バスが無いわけではないですが 自主運行バス「藤枝駅ゆらく線」に乗車して総合運動公園入口で下車 徒歩10分です。

藤枝総合運動公園サッカー場 藤枝駅行 シャトルバス

藤枝駅からは 無料のシャトルバスが15分間隔で出ていますので こちらを利用するといいでしょう。藤枝駅の乗場は 藤枝駅北口に静岡銀行東側付近です。藤枝駅を出ると15分ほどで スタジアムへ到着することができます。スタジアムでの乗降場所は第1駐車場となります。

自家用車の場合

藤枝総合運動公園サッカー場 駐車場(多目的広場)

J3時代は無料だったスタジアムの駐車場ですが J2になって有料の予約制となっています。事前に予約をしていないと駐車はできないので注意しましょう。予約は 藤枝MYFCの試合情報のページから軒先パーキングのサイトへと飛んで そちらのシステムで予約をすることになります。駐車料金は第1駐車場及び障害者用駐車場(第1駐車場or正面広場駐車場)は1台1,500円。それ以外の駐車場は1台1,100円。

まず予約できるのは 第1駐車場・第5駐車場・グラウンドゴルフ場の3ヵ所です。スタジアムに近い場所で 第2駐車場・第3駐車場・多目的広場の3ヵ所があるのですが こちらは調整池にもなっている関係で 当日が近くなって 天気の状況によって開放されます。状況によっては 前日や当日に開放される場合もありますので 藤枝MYFCの公式HP「ニュース」を頻繁にチェックするようにしましょう。ちなみに 東京ヴェルディ戦の時は 前日の夜20時に予約受付が始まりました。

いよいよスタジアムへ

藤枝総合運動公園サッカー場 メインスタンド前広場

今回は多目的広場に駐車をしてスタジアムへ。駐車場からスタジアムまでは歩いて5分ほど。自家用車の利用で駐車場が確保できていれば アクセスのいいスタジアムですね。

今回はS自由席のご招待券をいただいてました。藤枝総合運動公園の席種類は2024年より席割りが変更となりメインスタンドがS指定席・SA指定席・A指定席・B指定席の4種類(A指定席・B指定席はさらに北側(アウェイ側)と南側(ホーム側)に分かれます)。サポーター席は芝生席で それぞれのゴール裏に用意されています。バックスタンドについては これまではは芝生席だったものが 屋根付きの固定席となり中央部分がC自由席・その両脇がD自由席とエリア内自由席となっています。同じ静岡県の清水エスパルスとの試合では満員になることが予想されています。

今回の座席はS指定席

藤枝総合運動公園サッカー場 メインスタンドS自由席からの景色こちらがメインスタンドS指定席からの眺めです。メインスタンド中央の中段以上の場所がS席のエリアとなります。メインスタンド以外はどの席種もエリア指定でエリア内は自由席となるため いい席をゲットする場合は早めの来場をおすすめします。

このS席よりもピッチに近い席がSA指定席。メインスタンドの両脇がA指定席・B指定席のエリアとなります。

藤枝総合運動公園サッカー場 メインスタンドから見たホーム側応援席

メインスタンドから見て左手側がアウェイチーム側の芝生席です。かつては こちらがホーム側芝生席でしたが 2024年よりホームとアウェイが入れ替わりました。

藤枝総合運動公園サッカー場 ゴール裏芝生席(ホーム側)

こちらが アウェイ側芝生席からの眺めです。右側に見えるのがメインスタンド。奥に見えるのがホーム側の芝生席となります。こちらの芝生席の場合は 写真で見て お気づきかと思いますが ビニール系のシートが必須です。当日が晴れていたとしても 前日等に天気が悪かった場合は そこに座ってしまうと お尻が湿ってしまう可能性がありますので要注意です。

藤枝総合運動公園サッカー場 メインスタンドから見たアウェイ側応援席

メインスタンドから右手側を見るとホーム側のサポーターが応援をする芝生席があります。観戦当時はアウェイ側芝生席で かつ東京ヴェルディという歴史あるチームだったので サポーター数は東京ヴェルディの方が多く 藤枝のホームで開催される試合でありながら まるでアウェイの雰囲気でしたね。

2022年3月から大型映像装置を設置

藤枝総合運動公園サッカー場 大型映像装置

2024年シーズンよりホーム側となった芝生席背後ですが 2022年に大型映像装置が整備されました。この映像装置と バックスタンドの屋根付き固定席を2024年までに整備することで藤枝MYFCにJ2ライセンスが付与されました。やはり 映像装置はあった方がいいですよね。選手紹介の時も盛り上がります。

試合開始40分前から両チームの練習開始

藤枝MYFC 試合前練習風景

試合開始40分前になると両チームの選手がピッチに出てきて練習を開始します。練習が開始されると 両チームのサポーターも応援が始まり 徐々に雰囲気が盛り上がっていきます。

2023年3月19日 Vs東京ヴェルディ 選手入場

両チームの選手が入場して いよいよ試合開始を待つだけとなりました。この状況をしっかりと見ることができるのが メインスタンドのストロングポイントですね。

藤枝MYFC 試合前 選手撮影シーン

チームの集合写真を撮影して いよいよ試合開始となります。

今年も何とか残留をして 次年度以降にJ1を目指して頑張ってもらえたらと思います。藤枝運動公園サッカー場へお越しの際は ぜひこの記事を参考にしてみてください。

IAIスタジアム日本平の観戦記はこちら

国立競技場の観戦記はこちら