SHIINBLOG

旅ログ   グルメ情報&おでかけ情報

静岡の旅行会社「千代田タクシー観光事業部」のブログです。人気カテゴリーの「おでかけ情報」や「グルメ情報」では他のサイトでは紹介されていないような穴場情報も数多く掲載しています。また、静岡側からの南アルプス情報や静岡発・清水港発の各種観光モデルコースもおでかけの参考にしてみてください。              

桜花爛漫 ~The Way I Walk~

千代田タクシー観光事業部ブログ

静岡トヨペットの夏夢²(カムカム)キャンペーンに当選!湯田中温泉に宿泊して雲海を見る!翌日は小布施散策も

夏夢²キャンペーンに当選してビックリ!

静岡トヨペットさんで例年開催されている「静岡トヨペット夏夢²(カムカム)キャンペーン」に当選いたしまして、念願だった新車のアルファードをお借りするだけじゃなく、なんと、夢を叶える費用(というか、旅行代金)5万円までいただけるという、ありえない体験をしてきましたので、そんな1泊2日の旅をご案内していきます。

グルメ情報やおでかけ情報も満載しましたので、最後までお読みください。

 

当選するとは思わず応募をして…

「あぁ…今年も当たらなかったなぁ」と思った7月半ばに1通のメールが届きました。

 

「静岡トヨペット【夏夢²キャンペーン】ご当選のお知らせ」

 

最初は何かのいたずらかな?と、思ったものの電話打ち合わせをして、近所のトヨペットに赴き盛大なお見送りをしていただきました。

 

夢を叶える資金5万円

f:id:apocket:20180918221557j:plain

 

いただいた封筒を開けてみると、ピン札の5万円。そして交通安全お守りもいただきました。

 

6:30 清水区の自宅を出発

f:id:apocket:20180918221808j:plain

 

こちらが今回お借りした新車のアルファードです。スポーティーなオプションが「これでもか!」ってくらいに付いていてカッコいいです。今回は1泊2日で長野の湯田中温泉に宿泊をして、雲海を鑑賞して、翌日の夕方には車を返却するというスケジュール。

そんな訳で、初日は朝早く6時半に自宅を出発しました。

 

8:30 八ヶ岳パーキングエリアで朝食

f:id:apocket:20180918222136j:plain

 

新東名と国道52号線を経由して六郷インターから中部横断道。そして、双葉のジャンクションから中央道へと入り長野県を目指します。とここで、8時半になったので中央道の八ヶ岳パーキングエリアにてトイレ休憩を兼ねて朝食タイム。

 

八ヶ岳パーキングは焼きたてパンが評判!

f:id:apocket:20180918222450j:plain

 

朝一番の店内には焼きたてパンが並びます。この八ヶ岳パーキングエリアは、ベーコンやソーセージも人気で移動販売車で焼きたてを食べさせてくれるんですが、そちらとパン屋さんがコラボしたパンもならんでいますね。

 

f:id:apocket:20180918222353j:plain

 

一番人気は写真中央上段にある「あんこクロワッサン」です。サクサクのパン生地の中にはたっぷりのあんこが入っていて、絶妙なバランスです。

 

クルーズコントロールが付いた車は快適!

f:id:apocket:20180918222842j:plain

 

朝食を済ませたあとは、中央道・長野道・上信越道と高速道路を利用して一路長野を目指します。そんな高速運転に役立つのが「レーダークルーズコントロール」という機能。

スイッチをONにして速度を設定します。最後に「セット」をすると、設定した速度で車が走り続けるんです。ただ一定速度で走り続けると、道路状況によっては追突の危険もありますが、レーダーコントロールなので、前車が接近すると自動的に減速して適度な車間を取ります。また、車間が開くと設定速度に自動的に回復します。

さらに驚くのはハンドルです。レーダーで車間を検知しているようで、ハンドルが自動で動いていくんです。高速道路に限って言えば、ほぼ完全な自動運転です。もちろん安全上、必ずドライバーはハンドルを握る必要がありますし、よそ見も禁物です。

とはいえ、ほとんど運転した実感もなく長野インターまでやってきました。

 

11:30 松代の「コノハナサクヤ」でランチ

f:id:apocket:20180918223648j:plain

 

真田家十万石の城下町として知られる松代ですが、散策にも適していますし、お洒落なお店も多数あります。そんな中でランチのお店に選んだのが写真の「コノハナサクヤ」です。古民家をリフォームして居心地のいい店内になっています。

 

コノハナサクヤ

〒381-1231

長野市松代町松代字肴町878【地図

☎080-2034-9996

11:00~17:00(金曜・土曜は~14:00)

【定休】不定休

 

創作ランチは9マスの前菜から

f:id:apocket:20180918224522j:plain

 

ランチの「コノハナ御膳」はコースになっていて、メインのメニューをチョイスするスタイル。最初に前菜の9種盛りが出てきました。どれも手間の掛かった料理です。それを食べ終えるとメイン料理の登場です。

 

f:id:apocket:20180918224727j:plain

 

夏野菜のキーマカレーです。ご飯には雑穀米が使用されていて、カレーもご飯もおおかわり自由という太っ腹ぶり!

 

f:id:apocket:20180918224834j:plain

 

一方、こちらはリンゴで育ったA5ランクの信州牛を使用したシチューです。

この後に、デザートやドリンクが付いて1500円という、驚きのコストパフォーマンス!2017年にオープンしたばかりだそうですが、人気店になるかもしれません。

 

13:30 須坂市動物園に到着

f:id:apocket:20180918225320j:plain

 

ランチをした松代から車で約25分。須坂市動物園にやってきました。こちらは昔ながらの動物園といった感じで、やや寂れた感はあって週末だというのに園内はガラガラ。でも、それだけあって動物たちは独占して見放題です。

 

ペンギンやトラだっている

f:id:apocket:20180918225549j:plain

 

園内には「本当に週末?」ってくらいにパラパラしかお客さんがいません。もちろん、動物の種類も少ないんですが、小さい動物園だけに、どの動物も間近で誰にも邪魔されずに思う存分鑑賞できます。

 

f:id:apocket:20180918225739j:plain

 

もちろんトラだっています。2頭がじゃれあっていましたけど、自分たち以外に誰も見る人はなし。穴場です。

 

須坂市動物園

〒382-0028

長野県須坂市臥竜2丁目4番8号【地図

☎026-245-1770

9:00~16:45

【定休】月曜日(月曜日が祝日の場合はその翌平日)

大人200円 小・中学生70円

 

15:30 湯田中温泉にチェックイン

f:id:apocket:20180918230317j:plain

 

夕飯の時間を決める必要があったことと、荷物を置いて身軽に雲海を鑑賞したかったので、一度チェックインのために旅館に立ち寄りをしました。

お部屋に荷物を置いたらいよいよメインイベントの雲海に向け出発です。

 

16:00 竜王マウンテンリゾートに到着!SORAテラスへ

f:id:apocket:20180918230646j:plain

 

竜王マウンテンリゾートに到着して、ロープウェイに乗り込み標高1770mのSORAテラスを目指します。

雲海鑑賞の様子については「雲海の発生率は驚異の63.5%!長野県竜王マウンテンパークのソラテラス」にて詳しくご案内しています。

 

奇跡的に雲海が発生!

f:id:apocket:20180912225428j:plain

 

到着した時は、雲の中…というのか霧の中といった感じでしたが、諦めかけたその瞬間に奇跡が起こって雄大な雲海を鑑賞することができました。

これで、今回の夏夢²キャンペーンでのテーマだった夢を叶えることができました。

 

鑑賞後は無事ホテルに戻って、湯田中温泉にて1泊です。

この湯田中温泉は隣の渋温泉と併せて湯田中・渋温泉郷と呼ばれていて、外湯巡りや散策が楽しめるようになっています。「散策が楽しい湯田中渋温泉郷の渋温泉で外湯巡りや食べ歩き人気グルメを紹介」にて詳しくご案内していますので、ぜひご覧ください。

 

2日目は9時に湯田中温泉を出発!

f:id:apocket:20180918231828j:plain

 

子供を連れて宿泊旅行というと荷物が多くなってしまいます。そしてチェックアウト時には、そんな多くの荷物を持って車に来たはいいけど、手がふさがってしまってトランクのドアが…。と、写真のリモコンを見てください。横のスライドドアはもちろん、なんとトランクのドアまでリモコンで開閉できちゃうんです!これは便利。荷物をしまった後に、力いっぱいバタン!ってやらなくてもいいんです。

 

9:30 栗の町 小布施に到着

f:id:apocket:20180918232225j:plain

 

湯田中温泉から車で30分の小布施に到着です。小布施は栗の名産地として知られていて、9月といえば正に栗のシーズンです。

 

まずは小布施の町並みをブラっと散策

f:id:apocket:20180918232410j:plain

 

小布施という場所は散策に適していて、写真のようなお洒落な風景がコンパクトにまとまっています。ただ、見学する…といった施設は少なく、やはりここは食べ歩きを楽しみましょう!

 

隠れた名物 小布施味麓庵の福栗焼き

f:id:apocket:20180918232714j:plain

 

小布施の国道沿いにある小布施味麓庵さんです。こちらの看板メニュー「福栗焼き」が超おすすめです。

 

福栗焼きは焼き上げに40分かかります

f:id:apocket:20180918232844j:plain

 

見てください。1個がげんこつくらいの大きさがあるんです。中には栗が丸々1個。そして、手作りということもあって、1回の焼き上げに40分を必要としています。そして、1回で焼ける数には限りがあるので、小布施散策の際には、まずお店に行って先に支払いを済ませましょう。すると焼き上がりの時間を教えてくれるので、お店に時間になったら戻ると焼きたての「福栗焼き」を食べることができます。

 

いざ実食!

f:id:apocket:20180918233237j:plain

 

外の皮がカリッとしていて、中にはアツアツの栗餡がたっぷり!そして大きな栗が丸々1個入っています。これは食べごたえ十分!

 

小布施に来たら小布施堂のモンブラン

f:id:apocket:20180918233449j:plain

 

小布施に来たら、ぜひとも楽しみたいのが小布施堂のモンブラン「朱雀」です。限定販売のモンブランで、栗のシーズン中に1日400食限定で販売されると言われています。そのモンブランを食べるために、暗いうちから整理券を求めて並ぶのだとか…。

小布施産の栗を100%使用した「朱雀」は、食べた方によると「モンブランのようでモンブランではない。それは朱雀というスイーツだ」と言うそうです。

 

とりあえずモンブラン

f:id:apocket:20180918233904j:plain

 

当然、そんなモンブランにありつける訳もなく…。ということで、こちらは同じ小布施堂さんで通年販売している持ち帰り専用のモンブランです。保冷剤を入れて1時間30分大丈夫とのことで帰りの休憩でいただきました。

朱雀ではありませんが、やはり小布施堂のモンブランだけあって、栗の味がしっかりと主張していました。

 

11:30 ランチはOBUSE花屋で

f:id:apocket:20180918234146j:plain

 

2日目のランチはOBUSE花屋さんでいただきました。花屋というだけあって、フローラルガーデンおぶせ内にあるレストランです。お庭に関しては入園料が必要ですが、お食事をすると…

 

f:id:apocket:20180918234632j:plain

 

大きなレストランの窓から、お食事をしながら、手入れが行き届いたお庭を眺めることができます。

 

限定のプレートランチをいただく

f:id:apocket:20180918234750j:plain

 

こちらのOBUSE花屋さんで一番人気の限定メニュー「プレートランチ」1800円です。小布施にちなんで、ご飯は栗ご飯。写真右上のスープには栗の茶巾が入っています。

 

f:id:apocket:20180918235106j:plain

 

ランチにはデザートはもちろん、サラダやドリンクもセットになっています。飲み物は小布施の食べ歩きでも人気の小布施牛乳。サラダには小布施で栽培されているブラムリーという酸味の強いリンゴが使用されていました。このブラムリーはデザートに出たり、プレートランチのソースに使用されていたりと、地産地消を意識したメニュー構成でした。

 

OBUSE花屋

〒381-0209

長野県上高井郡小布施町大字中松506-1【地図

☎026-247-1187

11:00~14:00

 

一路、静岡へ

f:id:apocket:20180918235346j:plain

 

静岡までは高速道路を利用したロングドライブですが、レーダークルーズコントロールがあるので運転は楽々。子供たちも長距離ドライブは車内で退屈になってしまうんですが、大画面モニターで借りてきたDVDを見ていたので、飽きることもなく静岡に戻ってくることができました。

 

今回は、静岡トヨペットさんの夏夢²キャンペーンのおかげで、素敵な夏のひと時を過ごすことができました。もし、許されるなら、また応募してお出かけを楽しんでみたいと思います。

 

おでかけ情報はこちら

グルメ情報はこちら