SHIINBLOG

旅ログ       グルメ おでかけ情報

静岡の旅行会社「千代田タクシー観光事業部」のブログです。記事に関するお問い合わせは営業時間内(月曜~金曜8:00~17:00)に054-297-5234までお電話ください

桜花爛漫 ~The Way I Walk~

千代田タクシー観光事業部ブログ

海の京都 伊根の魅力をご紹介

海の京都 伊根の魅力をご紹介

伊根

京都府に海があるのってご存じですか?舞鶴から日本三景で有名な天橋立を経て 兵庫県に接する京丹後市までの日本海側も 京都府の一部で海の京都と呼ばれています。

その中でも 舟屋と呼ばれる船のガレージで有名な伊根の魅力について この記事で紹介していきたいと思います。舟屋とは何なのか?伊根のおすすめ お土産や ここでしか食べられないグルメなどの情報を ご案内していきます。

舟屋とは

伊根 舟屋

そもそも舟屋とは どんなものなのでしょう?よく 船のガレージというように紹介されています。上の写真が舟屋を海から眺めたものです。かつての漁船は木造船だったために 使用しない時には 乾燥させる必要があります。海に面した伊根では 舟屋と呼ばれる2階建ての建物を作り 1階で船を収納し 2階では 漁に使用した網などを管理する納屋として活用をしていました。

伊根地区では 約230軒の舟屋が軒を連ね舟屋群を形成しています。そのため この伊根裏一帯が国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されています。

NHK朝の連続テレビ小説「ええにょぼ」で話題に

伊根 ええにょぼ碑

1993年にNHK連続テレビ小説「ええにょぼ」にて この付近一帯が舞台として取り上げられ 実際に撮影も この地で行われました。このドラマにより 伊根の名前は全国区に 今も 多くの観光客が伊根に訪れています。

舟屋めぐり遊覧船

伊根湾めぐり遊覧船

そんな伊根湾の舟屋を海から見るには遊覧船がおすすめです。9時00分から16時00分まで 毎時00分と30分の1時間2便体制で運航をしています。

伊根湾めぐり遊覧船(丹後海陸鉄道)

〒626-0425 京都府与謝郡伊根町日出11 MAP

☎0772-32-0009

9:00~16:00 年中無休

大人1,000円 小人500円

所要は25分で 海から舟屋群へ近づいていき 説明もあるので 舟屋の様子を深く知ることができます。また発着する日出駅では カモメのエサを販売しており 出航すると 遊覧船は たちまちカモメに取り囲まれてしまいます。そんな カモメへの餌やりも楽しめる あっという間の25分間です。

日出駅には 周辺のお土産等もあり

伊根湾めぐり遊覧船

日出駅には 小さいですが 売店があり周辺地域のお土産を購入することも可能です。

限定グルメも見逃せない!

へしこバーガー

日出駅には ここでしか食べることのできない限定グルメもあります。その1つが写真の へしこバーガーです。へしこ とはサバなどの青魚を塩漬けした後に 糠(ぬか)漬けした 若狭から京丹後地域に掛けての郷土料理で 独特の塩気と風味が特徴です。

それを コロッケにの具材として練りこまれているので 程よい塩気です。地元食材で作られた逸品を 長閑な海を眺めながら食べてみませんか?

伊根プリン

伊根プリン

そして ここでしか購入できないという おすすめが写真の伊根プリンです。伊根町の養鶏場の新鮮卵と 丹後地区の生乳をふんだんに使用して作られた 正に伊根のプリンです。瓶には 舟屋群も描かれていて 食べた後の瓶は小物入れ等で使用してもオシャレです。こちらのプリンを製造しているのは マイヅルプリンでマイヅルプリン 楽天市場店

から 伊根プリンのほか 天橋立・舞鶴の各プリンのお取り寄せも可能です。

伊根の赤米で醸造された日本酒

伊根満開

もう1つ 伊根に来たら購入したいのが 写真の伊根満開という日本酒です。色が淡いピンク色ですよね?日本酒のロゼという別名もある伊根満開ですが 地元伊根の紫小町という古代米でつくられた赤い日本酒です。令和元年に開催されたG20大阪サミットの昼食で提供されたことで話題になりました。

向井酒造

伊根 向井酒造

その伊根満開をつくっているのが 写真の向井酒造です。先ほどの 伊根湾めぐり遊覧船の日出駅からは約1.5kmほど離れた場所にあります。1754年創業の酒蔵ですが 平成11年からは 女性が杜氏を務めていることも注目ポイントです。

向井酒造株式会社

〒626-0423 京都府与謝郡伊根町平田67 MAP

☎0772-32-0003

9:00~12:00 13:00~17:00 【定休】木曜・年末年始

人気の伊根満開はなかなか買えない?

向井酒造

この伊根満開ですが 2023年11月末に訪問した際には 写真のような案内があり 再販は翌年の2024年6月頃なのだとか…。ただ 日出駅や 京都縦貫道の京丹波味夢の里で 販売しているのを見かけました。値段は販売場所によって差があるようですが…。

買いたいと思って 販売している所を見かけた場合には 早めに購入してしまった方が良さそうです。

道の駅 舟屋の里 伊根

道の駅 舟屋の里伊根

伊根湾を見下ろす高台に道の駅が整備されています。記事にて紹介した ええにょぼの碑も道の駅にあります。こちらでも 周辺のお土産が買えるほか 飲食店がすくない伊根地域にあって 「レストラン舟屋」「お食事処 油屋」等があり貴重な施設となっています。こちらの道の駅は奥伊根温泉 油屋本館の運営で 飲食店では 京都府内の農林水産物に拘っています。

道の駅 舟屋の里伊根

〒626-0424 京都府与謝郡伊根町宇亀島459 MAP

☎0772-32-0680

9:00~17:00 【定休】火曜

伊根の新名物 ヒスク

伊根 ヒスク

道の駅 舟屋の里伊根内にウミャー堂というテイクアウト店があり こちらでは 伊根の新名物となる 干物のテイクアウトスタイル「ヒスク」が人気です。1本350円(2023年時)で 味も 定番の塩味の他 人気のバジル味や BBQ味など。骨も無く 身近に干物を楽しむことができます。

焼きおにぎり

道の駅 舟屋の里伊根 焼おにぎり

おなじく ウミャー堂で購入できるのが 写真の焼おにぎり350円(2023年)。味付けには 先述の伊根満開の酒粕を使用した醤油「酒ひしお」で味付けされています。テイクアウトグルメでも 伊根を満喫できるのは嬉しいですよね。

海の京都 伊根は 交通アクセスについては若干の難がありますが ここでしかできない体験やグルメを楽しんでみてください。

関西のおでかけ&グルメ情報はこちら

全国のおでかけ&グルメ情報はこちら