SHIINBLOG

旅ログ   グルメ情報&おでかけ情報

静岡の旅行会社「千代田タクシー観光事業部」のブログです。人気カテゴリーの「おでかけ情報」や「グルメ情報」では他のサイトでは紹介されていないような穴場情報も数多く掲載しています。また、静岡側からの南アルプス情報や静岡発・清水港発の各種観光モデルコースもおでかけの参考にしてみてください。              

桜花爛漫 ~The Way I Walk~

千代田タクシー観光事業部ブログ

遠江國一宮の小國神社 名物の「どんど焼餅」を食べれば家内安全・無病息災

遠州一之宮 由緒ある小國神社

f:id:apocket:20190102114753j:plain

 

静岡県の西部、袋井市や掛川市から北へ山の方に車を走らせること30~40分。周智郡森町にある遠州一之宮の小國神社です。ウィキペディアによると出雲大国に対しての小國ということで、とても由緒のある神社であると言えます。

 

遠江國 小國神社

〒437-0226

静岡県周智郡森町一宮3956-1【地図

☎0538-89-7302

小國神社の詳しい駐車場MAPはこちら

※2014年現在の情報です。

 

小正月後の日曜日に斎行されるどんど焼き

f:id:apocket:20190102120344j:plain

 

毎年小正月後の日曜日に小國神社ではどんど焼きが斎行されています。小正月というと例年1月14日~16日とされているので、2019年は1月20日。2020年はまだ正式に発表されていませんが1月19日(日)になると思われます。

各地域では、小正月を目安に15日を超えないような週末に斎行されていることが多いので、小國神社のどんど焼きは一足遅い斎行とも言えます。

それもあって、地域のどんど焼きに都合で行けなかった方には、特におすすめです。

 

どんど焼き写真に見える竹の棒

f:id:apocket:20190102120829j:plain

 

先程の写真でもそうですが、多くの方がどんど焼きの炎に竹の棒を向けているのがわかりますか?

 

小國神社のどんど焼き名物「どんど焼餅」

f:id:apocket:20190102121048j:plain

 

境内の神池(事待池)前の焼納所前で執行されるどんど焼きで、人気となっている「おはたき餅(通称どんど焼餅)」があります。

こちらは竹の先にお餅を付けて、どんど焼きの炎で焼いて、そのお餅を食べると、家内安全・無病息災・厄難除の御霊験があると言われているものです。

どんど焼きが始まるころから1本100円で授与されていますが、数量限定で毎年午前11時前には終了しているようです。ちなみに昨年の2019年は11時頃に数量に達したため授与が終了していました。

そんなどんど焼餅を、もう少し詳しくご紹介します。

 

まずは100円でどんど焼餅のセットを購入

f:id:apocket:20190102121910j:plain

 

まずは100円を払って竹の棒と割りばしに付いたお餅を受け取ります。ただ、すぐ脇には炭火も用意されているので、小さい子供さん等は、そのまま炭火で焼いて食べるのもありでしょう。

 

f:id:apocket:20190121215748j:plain

 

炭火で焼く場合はこんな感じです。

 

f:id:apocket:20190121215849j:plain

 

炭火焼のメリットとしては、写真のように途中で醤油を付けての2度焼き、3度焼きをすることができることでしょう。周囲には醤油の香ばしい香りが漂います。

ただ、それでもおすすめなのは、どんど焼きの火で焼くお餅です。

 

竹の棒にお餅をセット

f:id:apocket:20190102122329j:plain

 

写真のような感じで竹の先端に、お餅の割りばしを差し込んでセットします。この際ですが、周囲には参拝客が多くいらっしゃるので、他の方に竹の棒が当たらないように十分注意してください。これは焼いている時も同様です。目の前にばかり注目していると、長い竹の棒の反対側が他人に当たって思わぬケガをさせてしまう場合があります。

 

いよいよ、どんど焼きの中へ

f:id:apocket:20190102122625j:plain

 

こんな感じで、どんど焼きの火の上に向けて竹の棒を目指します。

 

f:id:apocket:20190102122726j:plain

 

時には火が大きくなる場合もあるので、火の様子には十分に気を付けるようにしてください。また、竹に差し込んだ割りばしも不安定なので、あまり下に向けると火の中に落下してしまうかもしれないので、併せて注意が必要です。

 

いよいよお餅が焼けてきました

f:id:apocket:20190102123015j:plain

 

いよいよお餅が焼けてきました。もちろん焼きすぎには注意が必要です。時々触って柔らかさを確かめて焼き加減を調整してください。

焼けてきたらテーブルにしょう油等が用意されているので、お餅に付けてアツアツをいただきます。これで1年家内安全・無病息災です。

 

お餅を食べたらしっかり参拝

f:id:apocket:20190102123406j:plain

 

お餅を食べ終えたらしっかり参拝をしていきましょう。どんど焼きをしている神池から参道を進むとすぐに鳥居をくぐって、その先正面に見えるのが拝殿です。

拝殿でお参りを済ませたら、拝殿に向かって左側に社務所があって、お守りや熊手を買うことができます。

 

パワースポット巡りもお忘れなく!

f:id:apocket:20190102125055j:plain

 

拝殿に向かう途中、鳥居の手前左手に「大杉」があるのに気づきましたか?

説明に書いてある通りで、400年前にすでに「大杉」と言われていたそうで、樹齢は1000年とも推測されています。

こちらは願掛け杉とも呼ばれていて、しめ縄や大杉の洞穴にお賽銭を供えて願い事をすれば、その願いが叶うと言われています。それだけあって、隙間なくびっしりとお賽銭がされています。

 

縁結びのシンボル「ひょうの木」

f:id:apocket:20190121220211j:plain

また、参集殿裏の「ひょうの木」は縁結びのパワーがあるとされていて、特に女性の参拝が目立っているとのことです。目立たない場所ですが、探し出してパワーをしっかりと受け取ってください。

 

参拝後はことまち横丁をぶらり

f:id:apocket:20190121220432j:plain

 

参拝後は「小國ことまち横丁」で、お土産選びをするのも楽しみの1つです。数店舗のお店が軒を連ねていて、お土産屋甘味が揃っています。

 

お食事は天竜浜名湖鉄道「遠州一宮駅」駅舎内にある人気蕎麦店「笊蕎麦百々や」はいかがでしょう?人気店のうえ、店内の座席数が少ないので、混雑が予想されますが、待つ甲斐のあるお蕎麦をいただくことができます。

笊蕎麦百々やを含めた静岡県内のおすすめランチは「静岡で観光したら食べて欲しい!おすすめの静岡グルメ 穴場宿泊も2軒」にて詳しくご案内しています。

 

おでかけ情報はこちら

グルメ情報はこちら