SHIINBLOG

旅ログ   グルメ情報&おでかけ情報

静岡の旅行会社「千代田タクシー 観光事業部」小澤卓也のブログです。

桜花爛漫 ~The Way I Walk~

千代田タクシー観光事業部ブログ

長良川鉄道を走る水戸岡鋭治さんデザインの「観光列車ながら」

2016年4月運行開始の「観光列車ながら」

f:id:apocket:20170516183207j:plain

 

 今や鉄道車両デザインの第一人者と言っても過言ではない、水戸岡鋭治さんがデザインしたという、長良川鉄道の観光列車「ながら」です。2016年の4月に運行を開始しました。周囲の景色に映えるようにワインレッドの車体カラーとなっています。

金曜・土曜・日曜を主に年間で約150日程度運行しています。完全予約制の列車なので、当日飛び込みでの乗車はできません。

「ながら1号」は2両編成で美濃太田駅を10時45分発、ランチプランの場合、郡上八幡駅に12時16分に到着、こちらで食堂車の「鮎号」を切り離し、ビュープランの「森号」は13時に終点の北濃駅に到着します。

折り返しの「ながら2号」は北濃駅を13時12分に出発、郡上八幡駅で食堂車「鮎号」の連結作業をして14時23分に出発します。終点の美濃太田駅には15時49分の到着です。

※平日運行のスイーツプランの場合郡上八幡駅を14時12分に出発して、美濃太田駅には15時23分に到着します。

折り返し森号の始発は「北濃駅」

f:id:apocket:20170516183306j:plain

 

写真は観光列車ながら森号の始発駅「北濃駅」です。「ながら2号」は13時12分にこちらの北濃駅を出発します。北濃駅は無人駅なので、そのまま列車へと行き、あらかじめ郵送されてきている「乗車整理券」又は乗車証をアテンダントに提示して乗車します。

北濃駅は東海北陸道の白鳥ICから15分くらい

東海北陸道の白鳥ICから国道156号線を北上すると15分くらいで道路沿いに北濃駅があります。

「ながら2号」は13時12分発ですが、13時には列車が到着しているので、写真撮影をしたい場合は13時前に駅に着いているといいでしょう。

ホームページで満席と表示されていても、ここ北濃駅から乗車するお客さんはわずかで、ほとんどのお客さんは郡上八幡から乗車します。ただビュープランの場合、座席指定ではないので、眺めのいい座席や希望の座席がある場合は北濃駅から乗車した方がいいでしょう。

観光列車「ながら」のマーク

f:id:apocket:20170516183612j:plain

 

これが観光列車「ながら」のマークです。よく見ると「長良」の漢字がモチーフになっていますよね。じっくり見てると「長良」に見えてきませんか?

他にも「森号」には森号のマークが「鮎号」には鮎号のマークがあって、森号のマークは一番上の「木」が木の絵になっていて、鮎号のマークは魚へんが鮎の絵になっています。この辺が遊び心があっていいですよね。

 

森号の車内に入ると、まずはこの暖簾がお出迎え

f:id:apocket:20170516183641j:plain

 

水戸岡さんデザインした車両の特徴でもある暖簾ですね。

そして暖簾をくぐると、すぐに売店があります。

 

f:id:apocket:20170516183928j:plain

 

こちらの売店にはアテンダントの方が常駐していて、「ながら」グッズの販売はもちろん、ドリンクの販売や、運行中は車内から見える景色を案内したりしてくれます。2時間近い乗車ですので、乗車中はアテンダントの方とのやりとりも楽しみの1つです。

 

f:id:apocket:20170516184004j:plain

 

壁を見ると、ところどころにこんな感じで絵が飾られています。こんな絵を1つ1つ見てみるのも楽しいですよね。

 

観光列車「ながら」の車内

f:id:apocket:20170516184040j:plain

車内は地元産の木材がふんだんに使用されていて、洗練された空間です。また座席を見るとおわかりでしょうか?1席1席デザインが違うんですね。主にテーブル付の4人掛けです。

こちら「森号」の車内は食事が出ない分、持ち込みは自由となっています。

 

f:id:apocket:20170516184137j:plain

 

気色を楽しみたい場合は窓側に向いたカウンター席もあって、こちらも1席ずつシートデザインが違っています。

 

f:id:apocket:20170516184155j:plain

 

さすが水戸岡さんですね。この写真ですが、どこだと思いますか?

これは天井の写真なんです。2つ前の写真を見ていただくとわかると思いますが、こんなところまでお洒落にデザインされています。

乗車申し込みは乗車2ヵ月前の各月1日午前10時より販売が始まります。

ランチプランは大人12,000円、小人10,650円

スイーツプランは大人5,000円、小人4,000円

ビュープランは乗車区間の運賃に乗車整理券として500円(大人・小人同額)が必要です。

 

長良川鉄道

〒501-3881 関市元重町74-1

☎0575-23-3921

☎0575-46-8021(「ながら」予約専用ダイヤル)

観光列車ながらについてはこちら

おでかけ情報はこちら

グルメ情報はこちら