SHIINBLOG

旅ログ       グルメ おでかけ情報

静岡の旅行会社「千代田タクシー観光事業部」のブログです。記事に関するお問い合わせは営業時間内(月曜~金曜8:00~17:00)に054-297-5234までお電話ください

桜花爛漫 ~The Way I Walk~

千代田タクシー観光事業部ブログ

横浜観光のお得な移動方法

混雑する横浜観光は 公共交通等がおすすめ

横浜みなとみらい

横浜は みなとみらい・横浜中華街・赤レンガ倉庫・山下公園…。それらのスポットが 横浜の中心部に集まっているので 多くの人が訪れる人気の観光地となっています。その時に 移動手段はどうしていますか?

自家用車は便利なのですが 駐車場の混雑が問題となっています。平日は いくらか駐車場が空いているものの 週末ともなると どこの駐車場も満車で 駐車場に入るための受胎が発生。苦労して車を駐車しても 駐車料金は1時間800円~1,000円が相場。上限金額も おおよそ1日2,000円~3,000円位が目安でしょう。

そんな横浜ですが 公共交通をはじめとして 様々な交通手段があります。今回の記事では そんな横浜観光に欠かせない交通手段を ご案内していきます。

あかいくつ号◎

あかいくつ号

横浜観光に便利な交通と言えば まずはあかいくつ号でしょう。

JR桜木町駅前を起点として ワールドポーターズやハンマーヘッドなどのショッピング系スポットや 中華街・元町・山下公園等の観光スポットを1周75分で周遊しています。乗車は1回220円(前払い式)。

この あかいくつ号のナンバープレートは注目です。あまり知られていないのですが 2009年の横浜開港150周年の時に運行をはじめたことを記念して ナンバープレートは「150」に統一されています。

あかいくつ号ルートマップはこちら

ベイサイドブルー◎

横浜 ベイサイドブルー

2020年7月23日に運行を開始したのが 写真のベイサイドブルーです。

まずは見た目で驚く車体ですが 全長が約18mという 一般的なバス2台分の長さとなる連節バスです。乗車定員は113名と 多くの乗客を運ぶことができます。

横浜駅前を起点にパシフィコ横浜・赤レンガ倉庫と海沿いを走り 山下公園の先 山下ふ頭まで運行しています。乗車は1回220円(前払い式)

ベイサイドブルーのルートマップはこちら

カーブはドライバーの腕の見せ所

横浜 ベイサイドブルー 車内

こちらが 連節部分の車内写真です。乗車してみても 車長の長さには驚きなのですが このバスの特徴…というか 見せ場はやはりカーブでしょう。

横浜 ベイサイドブルー 車内

こちらが 右にカーブをしている状況です。かなり車体が曲がって前方が見えなくなります。この車体を操ることができるのは 横浜市交通局の乗務員約1,100人の中でも22人と言われています(2021年当時)。

特に パシフィコ横浜等では この長い車体でUターンをします。交差点で一番曲がるのが大変と言われているのが ハンマーヘッドから大さん橋へ向かう途中の 海岸通り4丁目交差点。こちらは このバスを走らせるために わざわざ道路を拡幅し 対向車線の白線を後ろに引き直したそうです。このポイントで ベイサイドブルーを見つけたら その左折は必見です。

シーバス△

横浜 シーバス

港町横浜へ来たのならば 水上バスで海上を移動するというのはどうでしょう?

横浜駅に接続している横浜ベイクォーターから発着しているのがシーバスです。

2023年現在 山下公園乗場が改装中のため 横浜駅→ハンマーヘッド→ピア赤レンガの各区間を運航しています。横浜駅から赤レンガまで 直行ならば15分。ハンマーヘッドを経由しても 25分で運航しています。

週末等の混雑時は 赤レンガ・ハンマーヘッド付近で激しい渋滞が発生し あかいくつ号や ベイサイドブルーが大きく遅延するなか 混雑の無い海上では スムーズな運航が可能です。

シーバスの運行マップはこちら

水上バスならではの景色

横浜 シーバス

海から眺める みなとみらいの眺めです。この景色を眺めることができるのは 水上バスに乗船した人の特権です。乗船中は 海からしか見ることのできない横浜を 写真に収めましょう。

こんな見どころも

横浜 シーバス

横浜駅が近づいてくると みなとみらい大橋など 3つの大きな橋をくぐっていきます。屋根ギリギリの所をくぐっていくのは スリルも満点です。横浜観光に 水上バスを取り入れるだけで 一気に旅行感が出てきます。

YOKOHAMA AIR CABIN

横浜エアキャビン

JR桜木町駅前からワールドポーターズがある運河パークまで運行している循環型ロープウェーがYOKOHAMA AIR CABINです。2021年4月22日に開業した 横浜の新しい移動手段です。徒歩で20分程の距離ではありますが AIR CABINなら5分程で移動することができます。

YOKOHAMA AIR CABINの運行マップはこちら

横浜市営地下鉄(ブルーライン)◎

横浜市営地下鉄ブルーライン

横浜には中山駅から日吉駅までのグリーンライン。あざみ野から湘南台までのブルーラインと 2系統の横浜市営地下鉄が運行されています。そのうち 横浜観光で活用できるのがブルーラインの横浜駅⇔関内駅です。高島町駅からは みなとみらい地区へ 桜木町駅からは やや歩きますが 赤レンガ倉庫・ハンマーヘッド方面へ。関内駅からは中華街へアクセスが可能です。

みなとぶらりチケットの購入がおすすめ

横浜を観光する際に おすすめなのがみなとぶらりチケットです。

大人500円 小人250円で 横浜の主な観光スポット周辺の路線バスや市営地下鉄(横浜駅⇔伊勢佐木長者町駅)が1日乗り放題となります。基本的にバスは1乗車220円 地下鉄は1乗車210円なので 1日で3回乗車するのであれば 元が取れます。

こちらの記事で ◎が付いている乗り物は みなとぶらりチケットで乗車が可能です。また△が付いているシーバスは チケットを提示することによって 乗船運賃が1割引となります。さらに 100ヵ所を超えるスポットで 提示することによって 特典が用意されているので 例えば 中華街のお食事で10%引き等であれば それだけで お得になってしまうかもしれません。

横浜を観光する時には ぜひ 色々な乗り物を利用してみてください。

横浜でポケモンスポットを巡る1日プラン

横須賀の観光モデルコースはこちら