SHIINBLOG

旅ログ   グルメ情報&おでかけ情報

静岡の旅行会社「千代田タクシー観光事業部」のブログです。人気カテゴリーの「おでかけ情報」や「グルメ情報」では他のサイトでは紹介されていないような穴場情報も数多く掲載しています。また、静岡側からの南アルプス情報や静岡発・清水港発の各種観光モデルコースもおでかけの参考にしてみてください。お問い合わせは営業時間内(月曜~金曜8:00~17:00)に054-297-5234までお電話ください              

桜花爛漫 ~The Way I Walk~

千代田タクシー観光事業部ブログ

沖縄に行ったら何食べる?沖縄旅行で食べるべき!超おすすめ沖縄グルメをご紹介(後編)

沖縄旅行で何食べよう?

沖縄旅行に出かけたらなるべく 沖縄っぽいものが食べたいですよね?前編では「沖縄そば」「タコス・タコライス」「ステーキ」と食事系のものをメインにご紹介していきました。こちらの後編では「ランチ」「ファストフード」「その他」と それぞれのジャンル別におすすめのお店をご紹介していきます。

ランチ

①花笠食堂 11:00~14:00 18:00~20:00 木曜定休 MAP

ランチと言えば 沖縄では定番のワンプレート料理のことを言います。色々なおかずが乗ったプレートで 言わば大人が食べるお子様ランチと言ったところでしょうか。そのランチも 様々で おかずのランクによって一番高いAランチから リーズナブルなCランチまであります。主に「食堂」と呼ばれるお店でランチを食べることができます。

写真は 国際通り近くにある花笠食堂です。こちらでお冷代わりに提供されるアイスティーが 沖縄のコンビニ等ではパックで販売されるほど有名なお店です。

こちらは 花笠の名前が付いた花笠ランチです。プレートにはミートスパ・トンカツ・ハンバーグが乗っています。また別に 沖縄そばとデザートにぜんざいが付いて750円と衝撃の価格です。

ちなみに これを食べているのは 夕食の時間帯。ランチは「お昼に食べるもの」ではなく いわゆる料理名なので 昼だけでなく夜も注文が可能です。

②名護そば まきし食堂 9:00~25:00 年中無休 MAP

こちらは 国際通り沿いにある まきし食堂です。看板にも書いてある通りメニューは100種類と豊富!上の写真で「沖縄料理」と書かれている「理」の文字の下に「ランチ」って書いてありますよね。

こちらのランチは エビフライ・唐揚げ・トンカツ・目玉焼きという構成。ランチの内容はお店によって違います。このメインプレートが来る前に コーンスープが汁物で出てきました。

ファストフード

①A&W(エンダー)

沖縄のハンバーガーチェーンとして 那覇空港内にも店舗があるので 沖縄へ旅行する方にもこのA&W(エンダー)は有名じゃないでしょうか?那覇空港内の店舗は別として 沖縄県内の店舗は 写真の通り アメリカンな雰囲気のお店が多く。お店に行くだけでも楽しめます。

A&Wと言えば このルートビアですよね。よく「飲むサロンパス」というように形容されることが多い飲み物です。ビアーと名前は付いていますが アルコール分は入っていません。そして 嬉しいことに こちらのルートビアは店内おかわり自由。そして 水曜日であれば 写真のように無料でフロートに変更が可能です。

②jef(ジェフ)

A&Wが有名過ぎて 沖縄県民以外の知名度は低いですが このjef(ジェフ)も沖縄県内のみのハンバーガーチェーンです。A&Wと同じく車で乗り付けて その場で注文すると スタッフが車まで届けてくれるというアメリカンスタイル。もちろん慣れないうちは 店内でのイートインかテイクアウトをおすすめします。

jefは沖縄県産の材料を使用しています。そんなこともあって ゴーヤバーガー等 より沖縄らしいメニューも存在しています。ルートビアと聞くとA&Wでしか飲めない印象がありますが こちらのjefでもルートビアを販売しています。また 写真のオレンジジュースも人気メニューの1つです。

③ポーたま

沖縄県民のソウルフード ポークたまごおにぎり(通称 ポーたま)です。ランチョンミートと卵焼きをご飯と海苔で包んだ料理です。

これが 沖縄のポークたまごおにぎりです。1個のボリュームがそれなりにあるので 女性なら2個 男性でも3個あれば お腹がいっぱいになると思います。また ポーたまは スタンダードなメニューの他に 各店舗限定のメニューも存在します。そちらをトライしてみるのも 旅行の楽しみかもしれません。

ちなみに 沖縄のコンビニでは おにぎりを購入する感覚でポーたまを購入できます。お近くにコンビニがあったらぜひ!

④ブルーシールアイスクリーム

沖縄のアイスと言えば ブルーシールアイスクリームですよね。店舗はもちろん 宿泊するれば ホテルの朝食で見かけることの多いアイスです。

アイスのフレーバーも本土では見かけないような 紅イモやシークワーサーなど 沖縄ならではのものも多く 期間限定のフレーバーも見逃せません。

また ブルーシールと聞くと アイスクリームというイメージがありますが 店舗によっては フードメニューもあるんです。牧港(まきみなと)本店や北谷店では ハンバーガーやホットドッグの提供もあります。

⑤hug3do(ハグサンド)

ブルーシールアイスクリームが提案する新しいスイーツ「hug3do(ハグサンド)」です。ブルーシールのアイスを2枚のクッキーで挟んでトッピングをしたら完成です。

最初にアイスのフレーバーを選び 次にそれを挟むクッキーを2枚選びます。最後に 写真のようにトッピングを選びます。ブルーシールによると組み合わせは100万通りあるそうで 自分だけのオリジナルhug3doを見つけてみてはいかがでしょう?

ブルーシールアイスやhug3doについてはブルーシールの魅力が詰まったアイスパークと ブルーシールの新スイーツをご紹介にて詳しくご案内しています。

その他

①CC's Chicken N' Waffles(シーシーズチキン) 8:30~20:30 年中無休 MAP

北谷町の海沿いにあるお店です。ワッフルとチキンに 甘めのピーナッツバターをトッピングしました。この甘いとしょっぱいという一見合わなそうな2つの味覚が合わさると最強の味になるんです。

こちらは さらにバナナをトッピングしました。見た目ではチキンと合うようには感じませんが このハーモニーは一度食べたらやみつきです。店の雰囲気もアメリカンな感じです。

②中本鮮魚てんぷら店 10:30~18:00 木曜定休 MAP

沖縄の天ぷらはスナック感覚で食べられると人気です。県内各地で見かけることはできますが 中でも「天ぷらと猫の島」として有名なのが沖縄本島南部の奥武島です。

奥武島は 島の周囲が1.7kmと車なら数分で1周できるほどの小さな島ですが その小さな島に4軒の天ぷら屋があります。

揚げたての天ぷらを お店の目の前にあるビーチでいただきます。これは奥武島付近で採れた地元産のもずく。他にもアーサーやゴーヤ 紅イモなど 沖縄特産のメニューが並びます。値段も 1個85円と格安。ドライブのお供にもおすすめです。

奥武島の天ぷらについては天ぷらと猫が有名な沖縄本島南部の離島「奥武島」その魅力をご紹介にて詳しくご案内しています。

③三矢本舗

恩納村を中心に 沖縄県内で多店舗展開をしているサーターアンダギー専門店の三矢本舗です。

写真は 万座毛に新しくオープンした周辺活性化施設内の店舗ですが こちらでは実演販売をしていて 揚げたてのサーターアンダギーを食べることができます。

④南城市地域物産館 9:00~18:00 年中無休 MAP

沖縄本島南部 知念岬に入る角にある南城市地域物産館です。時期によっては 写真のように完熟したマンゴーを販売しています。ちなみに 写真右のマンゴーは600円!

しかも 購入時にお願いすると無料でカットサービスをしてくれます。

というわけで お願いしてみました。もうパックに入りきれないくらい。マンゴーが食べ放題です。これで600円は安いです。

⑤なはまるうどん 10:00~20:00 年中無休 MAP

那覇空港の新しくオープンした ふくぎホール上のフードコートにある「はなまるうどん」なんですが 看板をよ~く見ると「なはまるうどん」になっています。しかも その文字の下にはニコっとしたマークまで隠れています。メニューは はなまるうどんと全く同じです。

これからも おすすめの店舗を見つけたら追加で更新していきます。

「沖縄そば」「タコス・タコライス」「ステーキ」のおすすめ店については前編にてご案内していますので そちらを参考にしてみてください。

沖縄のグルメ情報はこちら

沖縄のおでかけ情報はこちら

沖縄の宿泊記はこちら