SHIINBLOG

旅ログ   グルメ情報&おでかけ情報

静岡の旅行会社「千代田タクシー観光事業部」のブログです。人気カテゴリーの「おでかけ情報」や「グルメ情報」では他のサイトでは紹介されていないような穴場情報も数多く掲載しています。また、静岡側からの南アルプス情報や静岡発・清水港発の各種観光モデルコースもおでかけの参考にしてみてください。お問い合わせは営業時間内(月曜~金曜8:00~17:00)に054-297-5234までお電話ください              

桜花爛漫 ~The Way I Walk~

千代田タクシー観光事業部ブログ

ホテルマハイナ ウェルネスリゾートオキナワ 宿泊記(スーペリアファミリー 高層階)

美ら海水族館近くの人気リゾートホテル

美ら海水族館近くで宿泊できるリーズナブルなリゾートホテルということで こちらのマハイナ ウェルネスリゾートオキナワは 候補にあがるホテルかと思います。そんな訳で 実際に宿泊してきた様子をこちらで ご紹介したいと思います。

ホテルマハイナ ウェルネスリゾートオキナワ

〒905-0205 沖縄県国頭郡もとぶ町山川1456 MAP

☎0980-51-7488(宿泊予約専用)

宿泊はスーペリアーファミリー

今回のお部屋はスーペリアーファミリーというお部屋です。マハイナウェルネスリゾートは中央のプールを取り囲むように「コ」の字型に建物が並んでいますが 一番奥まった場所にあるお部屋です。1枚目の写真を見ていただくと わかりやすいと思います。

スタンダードファミリーというお部屋もあって お部屋の作りや広さは スーペリアとほぼ同じですが 1枚目の写真では右手にピンクの手すりの建物が見えていますが この建物がスタンダードとなります。

マハイナウェルネスリゾートというと 上のような 夜のライトアップされたプールの写真をよく見かけると思いますが その写真はおおよそスーペリアファミリーのお部屋から撮影されたものだと考えられます。スタンダードにしても スーペリアーにしても 高層階を指定すると お気に入りの1枚を撮影できます。

夕食をどうしよう

沖縄のホテルは基本的に1泊朝食か素泊まりで予約している場合がほとんどでしょう。そうすると困るには夕食をどうしたらいいのか…ということ。もちろん ホテル内にレストランがあるので そちらで食べてもいいのですが ホテル内のレストランは割高である場合は多いです。

オキナワハナサキマルシェ

ホテルの玄関前に お洒落なショッピングモールが広がっています。それがオキナワハナサキマルシェです。ホテルから約500m歩けばコンビニがあるものの 往復1kmと思うとやや遠いですよね。でも ハナサキマルシェ内には お土産も豊富に置いたショップがあって ドリンクやおつまみ類も置いているので とても便利です。

ハナサキマルシェ内には レストランやフードコートもあって お食事に困ることはないでしょう。

リーズナブルに沖縄の味を楽しみたいという場合には「ポーたま(ポークたまごおにぎり)」はどうでしょう?ランチョンミートと卵焼きをご飯で挟んだ 沖縄ならではのメニューです。

写真はスタンダードメニューの明太マヨネーズです。スタンダードメニューから6つを選べるボックスもお得です。

ただ ポーたまは 店舗限定のメニューがあるので ハナサキマルシェに行ったのであれば このお店限定のポーたまを食べてみるといいでしょう。

オキナワハナサキマルシェには 飲食店だけでなく 体験ができるお店や雑貨店など色々なお店があって 夜の滞在時や 翌朝のショッピングに最適です。エリア内にはスターバックスもあって 海や伊江島を眺めながらコーヒータイムを楽しむこともできます。

上の写真で奥に見えているのはアラマハイナコンドホテルで ウェルネスリゾートオキナワの姉妹ホテルですが ワンランク上のホテルです。

アラマハイナコンドホテルのお得な宿泊プランはこちら

アラマハイナ コンドホテル

このハナサキマルシェは 色々な施設があって楽しむことができるので ある程度の時間を散策に用意しておくことをおすすめします。

オキナワハナサキマルシェ

〒905-0205 沖縄県国頭郡もとぶ町山川1421 MAP

本部町の居酒屋で夕食

ホテルから1歩外へ出て居酒屋で夕食というのはいかがでしょう?

今回お邪魔したのは 民謡居酒屋かなさんどーさんです。こちらは 本部町内の宿泊施設であれば 無料で送迎もしてくださいます。というわけで 食事をしながらアルコールを飲んでも大丈夫。しかも 値段設定はリーズナブルです。

こちらの かなさんどー では お食事をいただきながら 沖縄民謡を楽しむこともできます。そして 一番のお楽しみは…

こちら「カチャーシー」です。カチャーシーとは 沖縄方言の訛で「かき回す」とか「かき混ぜる」といった意味があるそうで お店の方が踊り方を教えてくださったあとは 知らない人同士 店が一体となります。こういった体験は 通常のレストランでは味わえないもので 楽しい夜が更けていきます。

翌日は美ら海水族館へ

ホテルでゆっくりと1泊したら 次の日はもちろん美ら海水族館へ。朝一番に入館すると ゆっくりと美ら海水族館を満喫することができますよ。

美ら海水族館については沖縄海洋博公園内「美ら海水族館」の徹底攻略 裏技・穴場も紹介!にて詳しくご案内しています。

沖縄の宿泊記はこちら

沖縄のグルメ情報こちら

沖縄のおでかけ情報はこちら