SHIINBLOG

旅ログ   グルメ情報&おでかけ情報

静岡の旅行会社「千代田タクシー観光事業部」のブログです。人気カテゴリーの「おでかけ情報」や「グルメ情報」では他のサイトでは紹介されていないような穴場情報も数多く掲載しています。また、静岡側からの南アルプス情報や静岡発・清水港発の各種観光モデルコースもおでかけの参考にしてみてください。お問い合わせは営業時間内(月曜~金曜8:00~17:00)に054-297-5234までお電話ください              

桜花爛漫 ~The Way I Walk~

千代田タクシー観光事業部ブログ

天ぷらと猫が有名な沖縄本島南部の離島「奥武島」その魅力をご紹介

沖縄南部の離島 奥武島

沖縄観光をしたら 出かけてみたい候補の1つに「離島」があると思います。でも 離島へ行くには 船に乗って…と ややハードルが高い印象があります。また 古宇利島や伊計島等の離島があって こちらは沖縄本島と橋でつながっているので レンタカーで行くことができますが もはや観光地として有名になってしまっているので 人が多すぎる。

どこか 観光客の少ない離島…それも レンタカーで行けるような…そんな方におすすめなのが 沖縄本島南部にある奥武島です。

この奥武島ですが 離島とは言っても 沖縄本島から100mしか離れておらず 当然ながら橋で結ばれています。写真の上に見えている橋が 沖縄本島と奥武島を結ぶ橋です。

島の周囲は約1.7kmなので レンタカーだと 5分くらいで島を1周してしまうほどの小さな島ですが。ですが それ以上の魅力が溢れる奥武島をご紹介していきます。

奥武島の魅力は何といっても海!

奥武島の魅力は何と言っても青い海です。写真を見ていただいてもわかる通り 青い空・グラデーションの海・白い砂浜と3点が揃っています。ちなみに 上の写真は平日ではありますが 夏休み期間中の8月1週目の昼前頃の様子です。この最高のビーチに ほとんど人は見られません。

奥の方で泳いでいるのは 地元の子供。地元の子供は 海水浴をするのに水着なんて着てません。服のまま海へとジャブジャブと入っていきます。聞くと 濡れた服は そのまま着て帰る途中に乾くから 特に気にしないそう。それが沖縄スタイルのようで「水着を着て海遊びをしているのは 本土の人たちだけ」とのこと。

途中で 高校生らしきグループが自転車で通りかかりましたけど 橋や防波堤から海にそのまま飛び込んでました。羨ましい…。

どうです?この遠浅のビーチ。海とのグラデーション!これぞ沖縄!といった感じ。

ただ 注意したいのは こちらは管理されているビーチではないので クラゲ防止ネットはありません。浅瀬で刺されることは 珍しいケースですが 沖縄のハブクラゲには要注意です。

奥武島の魅力① ネコが多い

奥武島は 沖縄で恐らく一番ネコを見かける島だと思います。その数も1匹2匹なんてものではありません。島のいたるところに 数匹まとめてみつけることができます。というよりも 奥武島で周囲を見渡して ネコのいない風景を見つけるのが大変なくらいです。

そのネコのほとんどは 片耳に切り込み(去勢済or避妊済)が入っています。

奥武島の魅力② 天ぷら

奥武島のもう1つの魅力は天ぷらです。この狭い奥武島の中に4軒もの天ぷら屋さんがあって 沖縄本島から沖縄県民も足を運ぶほど。その天ぷらも 値上げされてきているものの それでも1個85円(2022年8月現在)です。

中本鮮魚天ぷら店

その島に4軒ある天ぷら屋の中でも 一番有名なのは 奥武橋を渡ってすぐの「中本鮮魚天ぷら店」でしょう。時間帯によっては かなり行列することもあります。

中本鮮魚天ぷら店

〒901-0614 沖縄県南城市玉城字奥武9 MAP

☎098-948-3583

10:30~18:00

【定休】木曜日 ※木曜が祝日の場合 前日の水曜 その他臨時休業あり

沖縄を旅行していると各地で天ぷらを見かけることはありますが やはり天ぷらは本場の奥武島で揚げたてを食べたいですね。その注文スタイルをご紹介します。

窓口の手前に机が出ています。そこに注文用紙があるので 何の天ぷらをいくつかを記入します。ちなみに ここにも 奥武島のネコがくつろいでいました。本当にこんな風に自然にネコがいるんです。

注文用紙に記入をしたら窓口へ…混雑している時は複数の窓口が開いているので 空いている方へ並びましょう。お金を支払ったら あとは揚げたての天ぷらを待つだけです。

揚げたての天ぷらを受け取ったら やはり青い海をバックに食べたいですよね。写真は沖縄ならではのモズクの天ぷらです。揚げたてでサクサクです。沖縄の天ぷらは衣にちょっと味が付いているんですよね。スナック感覚で たくさん食べることができます。

いまゆい市場

先ほどの奥武橋から歩いて5分の場所にある奥武島いまいゆ市場です。奥武島は漁業が盛んで イカの吊るし干しでも有名な島です。そんな獲れたての海鮮を販売しているのが こちらのいまいゆ市場です。

奥武島いまいゆ市場

〒901-1400 沖縄県南城市玉城奥武19-9 MAP

☎098-948-7632

9:00~18:00

年中無休

館内では 新鮮なお刺身が販売されています。それと 丼飯も販売されています。ということは…そう!自分でお好みのお刺身で海鮮丼を作ることができるんです。刺身は各種詰め合わせで500円前後なので 1,000円以内で新鮮な海鮮丼を楽しむことができます。

ちなみに…お刺身を買って外に出ると あちこちからネコが次々とすり寄ってきて大人気になれます。

暑さを感じたらかき氷でも

暑いなぁ…と思ったらかき氷はいかがですか?ちなみに 先ほどの奥武橋横のビーチ付近に2店舗ほど販売しているお店がありますが どちらの店舗でも1杯100円です。安い!

リーズナブルに離島を満喫できる奥武島

観光客の少ない 沖縄の離島。全てが安いのに 青い海と白い砂浜を堪能できる奥武島。

穴場の奥武島へぜひ訪問してみてください。ちなみに 観光客はお邪魔させていただく立場なので 島民のお邪魔にならないように注意しましょう。

沖縄のおでかけ情報はこちら

沖縄のグルメ情報はこちら

沖縄の宿泊記はこちら