SHIINBLOG

旅ログ   グルメ情報&おでかけ情報

静岡の旅行会社「千代田タクシー観光事業部」のブログです。人気カテゴリーの「おでかけ情報」や「グルメ情報」では他のサイトでは紹介されていないような穴場情報も数多く掲載しています。また、静岡側からの南アルプス情報や静岡発・清水港発の各種観光モデルコースもおでかけの参考にしてみてください。お問い合わせは営業時間内(月曜~金曜8:00~17:00)に054-297-5234までお電話ください              

桜花爛漫 ~The Way I Walk~

千代田タクシー観光事業部ブログ

近江八幡を1日散歩 日牟禮八幡宮エリアの観光スポット&お土産情報

近江八幡を1日散歩

水郷の町として知られる近江八幡ですが かつては豊臣秀次の城下町として商業が発展して 近江商人発祥の地とされています。今回の記事では 近江八幡散策の中心地であり 近江八幡の地名の由来ともなっている「日牟禮(ひむれ)八幡宮」を中心とした八幡堀エリアの観光についてご案内していきます。

上の写真が 八幡堀と呼ばれるものであり 八幡山の山頂にあったお城の堀であり 現在では 時代劇の撮影によく使用されています。こちらのお堀には遊覧船が運行されていて のんびりと歴史風情に浸ることもできます。

日牟禮八幡宮エリアまでのアクセス

主には自家用車でのアクセスとなります。駐車場については 日牟禮八幡宮 楼門前の道路が駐車可能となっていて 道路の両脇に多くの車が駐車しています。駐車料金も無料とあって 週末を中心に 朝の9時半頃には 駐車場所はほぼ無くなってしまいます。また 周辺に店舗で駐車場を用意していますが そちらは 買物や食事時間のみ駐車可能で そこに駐車したままの散策は難しくなっています。少し離れた場所に「あきんどの里」があって 有料駐車場(普通車1回500円)が整備されています。

公共交通利用の場合は 近江八幡駅から 八幡市内線 又は 長命寺線に乗車して八幡堀(大杉町)八幡山ロープウェイ口にて下車すると便利です。

エリアの中心は日牟禮八幡宮

このエリアに来たならば まずは近江八幡の名前の由来となった日牟禮八幡宮へ参拝しましょう。

近江商人から信仰が厚かった日牟禮八幡宮ですが その創建はとても古く西暦131年と言われています。元々は 八幡山の山頂にあったものを 豊臣秀次が八幡山城を築城する際に 下の下社に合祀して 現在のスタイルとなりました。

厄除開運や商売繁盛のご利益があるとされています。

日牟禮八幡宮

〒523-0828 滋賀県近江八幡市宮内町257 MAP

☎0748-32-3151

八幡山の山頂へ…

日牟禮八幡宮のすぐ脇からは八幡山ロープウェイが出ていて 標高271mの八幡山山頂まで上がることができます。豊臣秀次が築いた八幡山城は廃城になり 今は石垣を残すのみとなっています。

また 山頂からは景観もよく琵琶湖や近江八幡の町並みを眺めることができ 石垣内には 秀次の菩提を弔うために創建された瑞龍寺門跡が移築されています。

八幡山ロープウェイ

〒523-0828 滋賀県近江八幡市宮内町 MAP

☎0748-32-0303

9:00~17:00

大人往復890円 片道500円 小人往復450円 片道250円

近代建築も多数見られます

この八幡堀エリア周辺には 明治時代の近代建築も数多く見ることができます。八幡宮の鳥居前にあるのが写真の白雲館です。かつては 八幡東学校として 近江商人の寄付によって建てられたものですが 現在は観光案内所が設けられていて お土産や特産品が展示販売されています。

ウィリアム・メレル・ヴォーリズ

近代における近江八幡の発展について 欠かすことのできない存在が写真右のヴォーリズです。建築家のヴォーリズですが 英語教師として1905年(明治38年)にこの地へ着任します。英語教師の傍らで この地を中心にキリスト教の伝道師としても精力的に活動をします。彼の残した功績はとても大きく 近江八幡市の名誉市民第1号となっています。

メンターム

ヴォーリズは 活動資金を得るために ヴォーリズ合名会社(のちの近江兄弟社)を設立し 日本でのメンソレータムを普及させたことでも有名です。現在 メンソレータムの商標はロート製薬が使用していますが こちらの工場では ほぼ同じ内容のメンタームを販売しています。

写真の建物はメンタームの資料館として ヴォーリズの軌跡や メンタームの歴史について詳しく知ることができます。

近江兄弟社 メンターム資料館

〒523-0867 滋賀県近江八幡市魚屋町元29 MAP

☎0748-32-3131

9:00~17:00 入館無料 【定休】土日祝 年末年始 お盆

近江兄弟社のメンタームは 下のリンクからお取り寄せができます。

【第3類医薬品】近江兄弟社 メンターム(40g)【メンターム】

八幡堀エリアの代表的なお土産

クラブハリエ 日牟禮館

滋賀県一帯で人気の洋菓子屋「クラブハリエ」です。この日牟禮八幡宮の近くにラコリーナ近江八幡という大きなお店があって そちらは平日・休日に関わらず大混雑しています。

開放的な店内は1階が売店 2階がカフェスペースになっています。

こちらがクラブハリエで一番人気のバームクーヘンです。バームクーヘンの周囲が砂糖でコーティングされていて 温めて食べてもできたての風味ですが冷やして食べても 美味しくいただけます。

クラブハリエ 近江八幡日牟禮ヴィレッジ

〒523-8558 滋賀県近江八幡市宮内町日牟禮ヴィレッジ MAP

☎0748-33-3333

9:30~17:30(カフェは10:00~17:00)

クラブハリエのバームクーヘンは下のロゴをクリックすると各種商品をお取り寄せできます。

たねや 日牟禮乃舎

近江八幡に本社がある老舗和菓子屋で こちらの洋菓子部門がクラブハリエです。先ほどの日牟禮ヴィレッジと道路を挟んで向かい側に店舗があります。

ここでしか食べることのできない「つぶら餅」や数々の和菓子が店頭に並びます。またイートインスペースもあって つぶら餅を使用した甘味等をいただくことができます。

☎0748-33-4444

たねやの各種商品は 下のリンクからお取り寄せが可能です。

山上日牟禮

日牟禮八幡宮 楼門の向かい側にある漬物店の山上(やまじょう)です。

店内では 各種漬物を中心に試食ができるようになっていましたので お買い求めの前に 実際に自分の舌で味を確かめてから購入するといいでしょう。

のんびりするために近江八幡へ

忙しくあちこちを観光する旅もいいですが 近江八幡のように 1日腰を据えてゆっくりと観光をしてみるということもおすすめです。ゆっくり散策するからこそ見えてくる景色もあると思いますよ。

おでかけ情報はこちら

グルメ情報はこちら