SHIINBLOG

旅ログ   グルメ情報&おでかけ情報

静岡の旅行会社「千代田タクシー観光事業部」のブログです。人気カテゴリーの「おでかけ情報」や「グルメ情報」では他のサイトでは紹介されていないような穴場情報も数多く掲載しています。また、静岡側からの南アルプス情報や静岡発・清水港発の各種観光モデルコースもおでかけの参考にしてみてください。お問い合わせは営業時間内(月曜~金曜8:00~17:00)に054-297-5234までお電話ください              

桜花爛漫 ~The Way I Walk~

千代田タクシー観光事業部ブログ

沖縄の県民ビール「オリオンビール」の工場 オリオンハッピーパークに行ってきた

沖縄でビールと言えばオリオンビール

沖縄のビールと言えば 言わずと知れたオリオンビールですよね?オリオンビールは沖縄の名護市に工場のある会社で 名護市1ヵ所しか工場が無いものの 全国5大ビールメーカー(他はキリン・サントリー・アサヒ・サッポロ)の1つと言われています。

そのシェアは 全国的には約1%と少なく見えますが 沖縄県に限って言えば約60%のシェアを占めています。これでも かつては90%近くのシェアを誇っていたということなので 60%でも少ないと言ったところでしょう。

オリオンビールの各商品は下のリンクからお取り寄せが可能です。

オリオンビール楽天市場店

オリオンハッピーパークで工場見学

そんなオリオンビールですが 工場は名護市1ヵ所しかありません。その1か所で製造された製品が全国へ出荷されているのです。

その名護の工場には オリオンハッピーパークという施設があって 工場見学や試飲を楽しむことができます。そんな沖縄の味を楽しめる施設を散策してきました。

まずは受付してから写真撮影

駐車場はハッピーパークの向かい側にあります。工場の入口付近にも「来客用駐車場」がありますが これは工場へビジネスの用事がある方用のものです。ハッピーパークの工場見学者用駐車場は 専用で用意されているので 間違えないように注意しましょう。

ちなみに この専用駐車場の方が ハッピーパークへ行くには近いです。横断歩道を渡るだけですから。

ちなみに オリオンハッピーパークの見学は 予約が必要で 飛び込みでの見学は基本的には受け付けていません。必ず予約してから訪問するようにしましょう。予約は30日前の同日から予約スタートです。深夜の0時00分より予約受付開始なので 夏休み等の人気な日は 10分程で予約枠が埋まってしまう場合もあります。確実に予約したい場合は 日付が変わった直後にチャレンジしましょう。

工場見学の予約受付はこちらから

入館したら1階で受付をします。そこには初代の仕込み釜がオブジェとして展示されているので 記念撮影にはピッタリでしょう。次は2階に上がって ツアーのスタートを待ちます。

工場見学スタート!

訪問した時が週末だったので工場が稼働していなかったのですが 平日であれば工場が実際に稼働している様子を鑑賞できます。

写真が実際の仕込み釜で 仕込みの様子をスタッフの方が丁寧に説明してくれます。

使われている酵母の秘密

こちらが 仕込み釜の下の部分を模したものです。写真を見ていただくと このオリオンビールの醸造に使用されている酵母が書かれていると思います。

「75-0140酵母」

これが オリオンビールに使用されているのですが この数字の並びには意味があるんです。わかりますか?「75-0140(名護-美味しいオリオン)」の略だったんですね。酵母への名前の付け方にもこだわりを感じます。

途中の見学通路から見下ろしたものですけど…何かわかりますか?

いっぱい並んでいると空き缶のようにも見えますが これは居酒屋等へと配送される ビールの樽が積まれているんです。その数の多さに驚きます。

1分間に1,200本

続いては缶ビールの製造ラインを見学です。実際に動いている所を見学できなかったのは残念ですが その様子をビデオで見ることができます。そして その缶ビールですが 1分間に製造できる本数は約1,200本!その1,200本が壁に並べてありますが…圧巻です。この量を わずか1分で…という感じです。

見学が終わると お楽しみの試飲タイム

受付をした時に写真のチケットを受け取ったかと思います。ソフトドリンクの場合は引換券。これで ソフトドリンクと書いてありますが さんぴん茶のペットボトルと引き換えとなります。オレンジ等のジュースの提供はなく その他の選択肢としては ノンアルコールドリンクとなります。なので 子供連れの場合は 選択肢はさんぴん茶のペットボトルのみとなります。

ビールの場合は チケットが2枚あります。1枚はビール試飲券 もう1枚は おかわり券です。

まずは ビール試飲券を提出してビールを1杯いただきます。しっかりと1杯あります。飲みごたえ十分!

おつまみには お土産でも販売されているオリオンビアナッツを1人1ついただけます。

3種類の味のナッツ系のお菓子が入っていて とてもビールに合います。空港等でもお土産で販売されているので バラマキ系のお土産として重宝します。

というわけで おかわり券を使用して2杯目に突入です。明るい時間帯に これだけビールが飲めるなんて幸せ…。もちろん ビールを飲んだら車の運転はしないようにしましょう。

オリオンビールのグッズがいっぱい

試飲会場の隣では オリオンビールの様々なグッズを販売しているショップがあります。国際通りや空港でも オリオンビールのロゴが入った商品は販売していますが ここまでのラインナップではありません。他では見ることのできない商品が多いので 忘れずにチェックしましょう。

沖縄で宿泊する時はやっぱりオリオンビール

沖縄で宿泊する時は やっぱりオリオンビールが飲みたいですよね。ホテル内の自販機でも販売してますし コンビニに行けば必ず置いてあります。上の写真だと右側の物が 一番メジャーな「オリオン・ザ・ドラフト」ですね。これは 沖縄でなくても 本土でも見かけることもありますが 本土での配送・販売はアサヒビールが担っているので そのことが缶に表記されているのだとか…。

左側のビールは「75(名護)ビール」です。オリオンが作ったクラフトビールで 他にも種類がありますが これはピルスナー。通常のものに比べて やや苦味が強い感じがしました。

こちらも クラフトビールの「78(那覇)ビール」です。那覇市の市制100周年を記念して醸造されたビールで 発売された昨年は あっという間に完売してしまったとのことで 現在は数量限定で復刻販売されていました。

こちらも数量限定の「夏いちばん氷温貯蔵」という限定ビール。素材も 他のビールが「沖縄県産大麦使用」となっているところ このビールは「伊江島産大麦使用」とさらにエリアが限定されています。

オリオンビールでは 「WATTA」というブランドでチューハイも各種販売しています。こちらも本土では見かけることのできない銘柄なので ビールが苦手という方も ぜひ沖縄に出かけたらオリオンビールの商品を探してみてください。

下のリンクからは これらのオリオンビールの商品をお取り寄せができます。

オリオンビール楽天市場店

おでかけ情報はこちら

グルメ情報はこちら