SHIINBLOG

旅ログ   グルメ情報&おでかけ情報

静岡の旅行会社「千代田タクシー観光事業部」のブログです。人気カテゴリーの「おでかけ情報」や「グルメ情報」では他のサイトでは紹介されていないような穴場情報も数多く掲載しています。また、静岡側からの南アルプス情報や静岡発・清水港発の各種観光モデルコースもおでかけの参考にしてみてください。              

桜花爛漫 ~The Way I Walk~

千代田タクシー観光事業部ブログ

2019年3月グランドオープンの富士山静岡空港 空港内は店舗が充実!

空港建物の大きさは今までの倍以上

f:id:apocket:20190303145854j:plain

 

静岡の富士山静岡空港は、静岡県民多くの反対があったものの2009年6月4日開港しました。年間搭乗者数70万人という当初予想は達成困難かと思われましたが、今では単年度で70万人をクリア。このままいけば2019年3月末には年度単位でも搭乗者数70万人をクリアする勢いです。全国の空港でも、羽田線を持たない地方空港としては圧倒的な搭乗者数を誇っています。

ただ、それだけの搭乗客をさばくには不足感の強かった富士山静岡空港でしたが、リニューアル期間を経て、2019年3月にグランドオープンということになりました。

これによって、空港内の店舗数は大きく増え、飛行機に乗らなくても「立ち寄るための滞在型空港」といった感じになりつつあります。そんな静岡空港をご案内していきます。

 

1階は到着ロビーと搭乗受付カウンター

f:id:apocket:20190303150735j:plain

 

1階は、今までの空港建物が国際線の到着専用になって、新しく建設されたビルには国内線の到着ロビーが設置されて、国際線到着と国内線到着が挟むように、中間に搭乗受付カウンターがあります。

 

旅行会社カウンターやレンタカー受付も1階

f:id:apocket:20190303151128j:plain

 

搭乗受付カウンターと向かい合うようにカウンターがあって、こちらにはインフォメーションやレンタカー受付。旅行会社用の受付カウンターが設置されています。

 

コンビニも1階にあります

f:id:apocket:20190303151612j:plain

 

今までの静岡空港にもコンビニはありましたが、お世辞にも「何でも揃う」とは言い難い小さな売店といった感じでした。それがリニューアルを経て、国内線到着ロビー前に広々としたセブンイレブンがオープンしました。

 

2階は出発ロビー&店舗エリア

f:id:apocket:20190303151526j:plain

 

エスカレーターで2階に上がると、そこは出発ロビーと店舗エリアとなっています。写真はフードコートです。開港当初は3階に小さなセルフサービス式レストランがあったのみで、レストランに関する不満がかなり多くありました。

 

フードコートは4店舗

 

f:id:apocket:20190303170054j:plain

 

今回新しくオープンした「フードコートFSZ(FSZは静岡富士山空港のスリーレターコード)」には4つの店舗があります。いずれも地元で有名なお店がテナント入りしていて、ラーメンの「麺屋 燕」、そばうどんの「東海軒富士見そば(静岡駅のホームにある)」、浜松餃子「石松」、イタリアンの「ぱすた屋一丁目」です。

 

3階にはレストラン「海山」

f:id:apocket:20190908070820j:plain

 

3階には展望デッキがあって、デッキのすぐ横にレストラン「海山」があります。

海山は清水港河岸の市に出店している店舗で、まぐろを使用した料理がメインになっていますが、魚料理が苦手な方向けのメニューも用意されています。

 

f:id:apocket:20190908071641j:plain

 

そんな海山の名物と言えば、写真の巨大一貫寿司です。手前にあるお好み焼き用のヘラで切り分けながら食べていきます。マグロの下には、他の具材も隠れているので、色々な味を楽しむことができます。

 

カフェもあります

f:id:apocket:20190303170932j:plain

 

国内線の手荷物検査場前には、カフェならぬ「タビチャフェ」というカフェがオープン。開放感があって、席数も十分!搭乗前のひと時を過ごすにはいい場所になりました。

静岡のお土産はしずおかマルシェで

f:id:apocket:20190303171227j:plain

 

出発前には静岡マルシェで静岡お土産はいかがですか?県内全域のお土産が揃っていて、見ているだけでもたのしいお店です。全国的に有名な静岡土産と言えば、やはりうなぎパイでしょうか。

うなぎパイをはじめとした春華堂の商品は下のリンクからお取り寄せが可能です。

うなぎパイの春華堂 楽天市場店

 

静岡人

f:id:apocket:20190303171449j:plain

 

しずおかマルシェには「静岡人」コーナーがあって、静岡の人が思わず呟いてしまう方言を取り入れたグッズが多種多彩用意されています。地元静岡の人が見て「これって言う言う(笑)」と思うほどのラインナップ。一風変わったお土産を探している方には、もってこいのコーナーかもしれません。

 静岡人のグッズは下のリンクからお取り寄せが可能です。

静岡うまいもの楽天市場店

 

2階には他のお店も

f:id:apocket:20190303200654j:plain

 

2階にはまだまだ店舗があります。写真はフードコート横にオープンしたドラッグストアです。こちらも利用客からの要望が多かったお店でした。化粧品類から簡易の医薬品まで空港で購入することができます。

 

f:id:apocket:20190303201041j:plain

 

3階へのエスカレーター正面にあるお店が2店舗。1つはメイドイントーカイというお店。こちらは、東海4県の工芸品や特産品を中心にラインナップしたお店です。

もう1店舗は、お茶処静岡の玄関口ということで、お茶を中心とした日本の食文化を体感できるお店となっています。

 

他にも、対象カードを持っている方が利用できる「YOUR LOUNGE」(搭乗券が必要)

があって、搭乗前に一休みすることができます。中はフリードリンクで、電源コンセントやUSBポートを完備しています。

 

3階は展望デッキ 

f:id:apocket:20190303202201j:plain

 

3階は展望デッキになっています。離発着していく飛行機を眺めることができます。ただ、飛行機を見る場合、ここの展望デッキもいいんですが、実はもっとおすすめの場所が…。

 

石雲院展望デッキ

f:id:apocket:20190303202512j:plain

 

空港を出て管制塔がある左方向に歩いていくこと約400mの場所にあるのが石雲院展望デッキです。こちらは滑走路に張りだすように設置されていて、空港3階展望デッキより、離発着する飛行機を間近に見ることができます。

 

f:id:apocket:20190303202751j:plain

 

この日は週末日曜の午後4時前後でしたが、3時半~4時半は離発着のピークになっていて、多くの離発着を見ることができます。

 

f:id:apocket:20190921231951j:plain

 

飛行機に乗る人も、乗らない人も、遊べる空港静岡空港へ遊びに行きましょう!

今後は近くにアウトレットやホテルの建設も決まっていて、さらなる発展が期待されています。

 

おでかけ情報はこちら

グルメ情報はこちら