SHIINBLOG

旅ログ   グルメ情報&おでかけ情報

静岡の旅行会社「千代田タクシー観光事業部」のブログです。人気カテゴリーの「おでかけ情報」や「グルメ情報」では他のサイトでは紹介されていないような穴場情報も数多く掲載しています。また、静岡側からの南アルプス情報や静岡発・清水港発の各種観光モデルコースもおでかけの参考にしてみてください。お問い合わせは営業時間内(月曜~金曜8:00~17:00)に054-297-5234までお電話ください              

桜花爛漫 ~The Way I Walk~

千代田タクシー観光事業部ブログ

定番観光スポット「万座毛」に 新施設誕生で 魅力がさらにアップ!

沖縄本島の定番観光スポット 万座毛

沖縄本島では定番中の定番の観光スポットとして名高い「万座毛」です。写真で見ると象の鼻のような特徴てきな断崖が特徴です。絶景スポットでもあるため ツアーでは ほぼ例外なくコースには入っているので 多くの方が行ったことのある観光地の1つであると言えます。

万座毛(万座毛周辺活性化施設)

〒904-0411 沖縄県国頭郡恩納村恩納 MAP

さて 皆さんの知っている万座毛ってどんな観光地でしたか?もちろん 万座毛という写真のような観光スポットは 何も変わってないんですけど 周辺はどんな感じでしたか?

駐車場があって それを囲むように 掘っ立て小屋のような お土産屋があって…でも 2度行こうとは思わないような 言うなれば「華のない」スポットだったと思います。そんな万座毛のイメージを一新させるような施設が2020年10月 2日にオープンをしました。

万座毛周辺活性化施設

さぁ!どうでしょう?コロナ禍前に万座毛を訪問した方は まずは万座毛の玄関口がこのように変わったことを知っていたでしょうか?この施設の前には バス13台・乗用車97台という大きな第一駐車場が整備されています。まずは この施設に入ってみましょう。

こちらが 入ってすぐのショップ前です。こちらに とても綺麗なトイレも整備されています。こちらのショップですが 品揃えも豊富で 見るだけでも楽しいです。これだけでも 既に 今までの万座毛と違うかと思います。

ここで もう1点大きく変わった点があります。かつての万座毛は 駐車場から小径を歩いて景色を見て帰る…という感じでしたが これからは 必ずこの施設を通過することになります。そして この施設から万座毛エリアに行くために必要なのが…観覧料。ということで 大人も小人も同額で100円掛かります。これも コロナ前と変わった大きなポイントの1つです。

大人・小人同額ということもあって 券売機が設置されていますが ボタンは単純に「何枚買うか?」というようになっています。券を購入したら 万座毛展望エリアへと進みましょう。

展望エリア

建物を出ると 万座毛の展望エリアとなります。ここに 万座毛がなぜ万座毛と呼ばれるようになったのかの由来も書かれています。

「万人が座するに足る平原」

この辺りも 記念撮影している方の多い場所です。そして ここからは一方通行で進んでいきます。この写真の場所を過ぎると かつての小径へと進み 1枚目の雄大な絶景を眺めることができます。

そこから この万座毛をぐるっと1周する周遊ルートが整備されていて ところどころから 様々な景色を眺めることができます。

奥に見えるのは ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートですね。ホテルの右側には 白砂のビーチが広がっています。

と…周遊ルートはあっけなく終了し 早くも活性化施設に戻ってきますが 戻ってきたところは施設の2階になります。

2階は物販・飲食スペース

施設内に戻ると そこは先ほどの1階を見下ろす2階となっています。写真の右手のお店の名前が見えますか?

「恩納共同売店」

ということで 今まで駐車場を取り囲んでいたお店は こちらに集約されて移転オープンしたようです。2階は フードコートのようになっていて テーブルやイスが数多く設置されて 琉球料理 松の下をはじめとした飲食店のカウンターが出店しています。

訪問時は臨時休業中でしたが元祖 海ぶどうも出店していて 沖縄ならではのプチプチ食感を楽しめますよ。

天気のいい日には 外のテラス席でのお食事もおすすめです。遠くに広がる東シナ海を眺めながら とても最高な雰囲気を過ごすことができますよ。

三矢本舗絶景万座毛店

同じく2階に出店しているのが サーターアンダギー専門店も三矢本舗。その名も絶景万座毛店です。サーターアンダギーも沖縄に来たら食べたい味の1つですよね。

なんと そのサーターアンダギーですが 実演販売しています。実際に目の前でサーターアンダギーが膨れてくるところを見ることができるんです。

味やサイズも色々とあるので ミニサイズを購入してドライブ途中に食べるのもいいかもしれません。

近隣のおすすめビーチをご紹介!

万座毛から見えた ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートの 万座ビーチですが 実は 宿泊客だけでなく 一般の利用も可能です。しかも入場料なし!

ということで レンタカーに乗り込み向かった…のですが…確かに 万座ビーチへの入場料は必要ないものの レンタカーの駐車料金は 夏休みシーズンは何と3,000円!まぁ…これが ある意味の入場料的なものですね。

というわけで おすすめは 万座毛を出て万座ビーチへ向かう途中にあるナビービーチです。

ナビービーチ

無料駐車場完備!公営なので 利用料はもちろん無料!クラゲ防止ネットもあって 監視員がいるので安心・安全。さきほどの万座ビーチとは目と鼻の先で ほぼ同じっちゃ同じようなもんです。だったら こちらでどうですか?

恩納村海浜公園 ナビービーチ

〒904-0411 沖縄県国頭郡恩納村字恩納419-4 MAP

☎098-966-8839(海浜公園管理事務所)

こちらですが 有料メニューも多数ありまして マリンレジャーはもちろん BBQだって楽しめます。ビーチで海水浴を楽しみながらBBQって最高じゃないですか?

ぜひ 那覇市内と沖縄北部方面の途中に 生まれ変わった万座毛と穴場のナビービーチへ遊びに立ち寄ってみてください。

沖縄のおでかけ情報はこちら

沖縄のグルメ情報はこちら

沖縄の宿泊記はこちら