SHIINBLOG

旅ログ   グルメ情報&おでかけ情報

静岡の旅行会社「千代田タクシー観光事業部」のブログです。人気カテゴリーの「おでかけ情報」や「グルメ情報」では他のサイトでは紹介されていないような穴場情報も数多く掲載しています。また、静岡側からの南アルプス情報や静岡発・清水港発の各種観光モデルコースもおでかけの参考にしてみてください。              

桜花爛漫 ~The Way I Walk~

千代田タクシー観光事業部ブログ

日本でもスカイランタン!ニューグリンピア津南で3月31日までの冬期間毎日開催!

日本でも有数の豪雪地帯にあるニューグリンピア津南

f:id:apocket:20180212233238j:plain

 

スカイランタンというと台湾が有名ですが、実は日本国内でも鑑賞することができます。その場所は日本でも豪雪地帯として知られる新潟県の津南町です。

その津南町にあるニューグリンピア津南では毎年「つなん雪まつり」のメイン会場としてスカイランタンの打ち上げが行われています。

 

f:id:apocket:20180212233905j:plain

 

2018年は3月10日(土)に開催が予定されています。

その際には数千個のスカイランタンが空に向かって打ち上げられて、正にラプンツェルの世界といった感じです。ただ、その雪まつりの時はニューグリンピア津南に宿泊することができず、バスツアーに参加するか、遠くの駐車場からシャトルバスで行くしか方法が無いので、交通の便がネックになっています。

 

もっと気軽にこのスカイランタンを鑑賞できる方法は…。

 

あります。

 

ニューグリンピア津南で毎日開催!

f:id:apocket:20180212234822j:plain

 

ニューグリンピア津南では、12月から3月末までの毎日、スカイランタンの打ち上げ体験を開催しています(天候が悪い日は除く)。雪まつりのような規模の打ち上げを鑑賞することはできませんが、見るだけでなく気軽に打ち上げ体験もできちゃうんです。

 

スカイランタン体験の流れ

①スカイランタンの購入

f:id:apocket:20180212235405j:plain

宿泊予約の際にあらかじめスカイランタンを注文するか、ネット予約の場合はスカイランタンの体験付プランで予約すると便利です。また、それ以外の場合でもチェックインの時にフロントで声を掛ければ体験が可能です。体験料は1個1000円。

スカイランタンは打ち上げに最低2人は必要なので、4人の場合は最大で2個までとなります。

 

②スカイランタンに願い事を書く

f:id:apocket:20180212235522j:plain

 

スカイランタンを受け取ったら、袋から取り出してペンを貸してくれますので、スカイランタンに願い事を書きこみます。書くスペースはいっぱいありますので、大人数の場合でも、書き込むスペースの心配はありません。

 

③いよいよ打ち上げ準備

f:id:apocket:20180212235836j:plain

 

ロビーで打ち上げの方法をスタッフの方が説明をしてくれます。その説明が終わったらいよいよゲレンデへ…。まずは8の字を描くようにランタンの中に空気をいっぱい入れます。

そこまで準備ができるとスタッフが点火をしてくれます。無事に火が点いたら2人でランタンの両側を持って、外からの冷たい空気が入らないようにランタンを地面近くまで近づけるためにしゃがみます。

④ランタンが膨らむまで待つ

f:id:apocket:20180213000639j:plain

するとランタン内で暖められた空気でランタンが段々と膨らんできます。そうしたら、打ち上げ準備は完了です。全てのランタンの準備が整うとスタッフと共にカウントダウンをします。5…4…3…2…1…

⑤打ち上げ

f:id:apocket:20180213000844j:plain

 

手を離れたスカイランタンはゆっくりと空に向かって上昇していきます。

 

f:id:apocket:20180213001055j:plain

 

そんな打ち上げの様子を短いですが動画でもご覧ください。

 

 

自分の打ち上げたスカイランタンが夜空にゆっくりと上がっていくのを眺めているのは最高の時間です。

打ち上げた後のスカイランタンですが、可能な限りスタッフの方々が回収しています。回収できなかったスカイランタンについても、全てが自然素材でできているので、自然に帰るようになっています。

 

打ち上げの後は…

f:id:apocket:20180213002510j:plain

 

ニューグリンピア津南で宿泊をしていれば、スカイランタン打ち上げ後は冷えた身体を温泉で温めて、部屋でまったりがおすすめです。写真は館内の売店で購入したもので、新潟限定のビールと新潟で有名な八海山の焼酎ハイボールです。旅先で地域限定の飲み物を飲むのも旅の楽しみの1つですよね。

 

充実した館内施設

f:id:apocket:20180213002811j:plain

 

ニューグリンピアは館内施設も充実していて、写真のような温水プールがあって、スキーやスノボーができなくても、楽しむことができます。ちなみに冬季のプール営業は週末限定です。

 

f:id:apocket:20180213002958j:plain

 

他にもボウリング場もあるので、スカイランタン打ち上げ後にボウリングで身体を温めるという方法もあります。

 

もちろん目の前はゲレンデ!

f:id:apocket:20180213003251j:plain

 

もちろん目の前はゲレンデなので、思う存分雪遊びを楽しむことができます。

ニューグリンピア津南へのアクセス(冬季)

f:id:apocket:20180213003151j:plain

 

心配なのは日本で有数の豪雪地帯と呼ばれる津南町へのアクセスです。

ニューグリンピア津南へ行く当日が天気が良くて、雪も降っていない状態であれば、除雪は完璧に行われているので上の写真のような状態です。スタッドレスタイヤで十分に問題ないでしょう。

が、実はこの宿泊した日は夜中に30cmほどの降雪がありました。

 

f:id:apocket:20180213003604j:plain

 

するとほぼ同じ場所ですが、このように路面の状況は変わります。これでも慎重に走行すればスタッドレスタイヤで問題は無いと思います。が、それでもチェーンは持って行った方がよさそうです。

公共交通機関を利用の場合は越後湯沢駅より送迎バスが出ています。

 

ニューグリンピア津南

〒949-8313

新潟県中魚沼郡津南町秋成12300【地図

☎025-765-4611

 

おでかけ情報はこちら

グルメ情報はこちら