SHIINBLOG

旅ログ.com

静岡の旅行会社「千代田タクシー 観光事業部」小澤卓也のブログです。

桜花爛漫 ~The Way I Walk~

千代田タクシー観光事業部ブログ

絶景の露天風呂 須川温泉の栗駒山荘に宿泊して温泉三昧!

秋田県と岩手県の県境にある須川温泉「栗駒山荘」

f:id:apocket:20170617000949j:plain

 

東北道一関ICや中尊寺や毛越寺で有名な平泉エリアから1時間20分ほどで来ることができる温泉宿です。岩手県と秋田県の県境、栗駒山の中腹 標高1126mにあります。

こちらのお宿は絶景(という言葉しか日本語にないんですが…)を超える絶景の露天風呂があるお宿でございます。このたび、栗駒山荘さんから大浴場・露天風呂の写真を当ブログでへの掲載許可をいただきましたので、ご紹介します。

 

展望大浴場

f:id:apocket:20170617180051j:plain

 

こちらが栗駒山荘さんの大浴場です。温泉が白く濁っていますよね。人気の濁り湯でございます。泉質は強酸性の明礬緑礬(みょうばんりょくばん)泉 酸性含鉄(Ⅱ)硫黄ーナトリウム・カルシウムー塩化物・硫酸塩泉(硫化水素型)…とまぁ、とにかく凄い温泉だなというのは、わかっていただけるかと思います。

硫黄泉なので、空気に触れて酸化すると浴槽内が白く濁るんですけど、注ぎ口で手に取ってみるとまだ無色透明なんです。早朝に入ってみた時には床が見える状態だったので、相当お湯が新鮮だったってことですね。

湧出量が毎分6,000リットルということで自噴する単独源泉として国内2位という国内屈指の湯量を誇ります。こちらのお湯に浸かって2日過ぎたくらいでも、皮膚の匂いを嗅ぐと硫黄の香りがしてました。

さて、話を大浴場に戻して…。どうですか?この写真を見ただけでもわかると思うんですが、大浴場でも相当景色がいいんですよ。そして、湯舟が横長なので、多くの人が景色を眺めながら一度に浸かることができます。

露天風呂はこの窓ガラスの1段下にあるんです。

 

絶景の露天風呂!

f:id:apocket:20170617001148j:plain

 

今まで全国あちこちの露天風呂に入ってきましたけど、ここほどの大パノラマな露天風呂は無かったですね。さえぎる壁といえば、男女の壁くらいであとは開放です。

「あっ、こういうお風呂が本当の露天風呂って言うんだな」って思いました。

最近の旅館さんの露天風呂はとにかく外にあればいいっていう露天風呂が多いんですけど、壁に囲まれていて本当にただの「オープンエアーバス(露天風呂)」なんですよね。でも、やっぱこれですよ!

 

f:id:apocket:20170617001731j:plain

 

まだ6月ということで栗駒山には雪が残っていますよね。

ちなみに、大浴場に入った時には遥か数十キロ先の鳥海山が夕日で真っ赤に染まるシルエットを眺めることができました。上を見上げれば流れる雲、目の前には雄大な大自然。この時は気持ちぬるめな感じだったので、時が経つのも忘れて露天風呂から景色を眺めていました。これが本当の贅沢ですよね。

 

夜も露天風呂に入ってみたんですが、今度は満点の星空です。周囲に明かりがまったく無いので、全天の星空を眺めながら温泉を楽しめるんです。流れ星も思いのほかいくつも見ることができました。

なんだろう…感想というと、上に目を向けると星空に自分が落ちちゃうような感覚すらあります。この大パノラマの温泉は入らなきゃ損です。

 

宿泊したのはシングルルーム

f:id:apocket:20170617182134j:plain

 

今回は1人で宿泊したので、シングルのお部屋を用意していただきましたが、他に洋室のツインルームや和室もあります。お部屋にはすべて高山植物の花の名前が付いていて、ドアの横にお花の写真が飾ってあります。

で、特筆すべきは部屋からも絶景を眺めることができるということです。今回宿泊したのは1階だったので、眺望という点では2階や3階には劣りますが、それでも部屋からも栗駒山の景色を楽しめます。

 

食事は展望のいいレストランにて

f:id:apocket:20170619002002j:plain

 

朝夕ともに食事はこちらの2階レストランにていただきました。

 

f:id:apocket:20170619002115j:plain

 

メニュー構成は山の物を中心に、お刺身もありました。せっかくの高原ですから、刺身は無くてもいいかもしれませんけどね。あっても川魚くらいで。一通りのコース料理になっていて、地酒を飲みながら美味しくいただきました。

 

f:id:apocket:20170619002355j:plain

 

朝食はごはん・味噌汁・焼魚以外は簡易のバイキングスタイルになっていました。写真のメニューは好き嫌いの関係で欧米スタイルになっちゃってますけど、実際は山菜・野菜を中心としたバイキングですので、ご安心を…。

 

夏でも涼しい

f:id:apocket:20170619002617j:plain

 

こちらは、お部屋のエアコンスイッチなんですが「暖房専用です」の文字がある通り、こちらの「栗駒山荘」には冷房がありません。とはいえ、露天風呂の写真にもありましたけど、6月中旬で雪が残っているくらいの場所ですから。

そんなこともあって、宿泊した日は朝方冷え込みまして、暖房のスイッチを入れました。東京都内じゃ暑くてニュースになるくらいの日でしたけど…。

 

そんな高原の絶景露天風呂にぜひ1度入ってみてください。

ちなみに、今回は岩手県側から県境を越えて宿泊しましたけど、秋田県に入って100mほどで栗駒山荘さんなんです。とはいえ、館内売店を見てみると、お土産は100m入っただけでも秋田一色でした。おかげさまで今回の旅は秋田県に行ったわけではなかったんですけど、お土産を大量購入しちゃいました。

 

須川温泉 栗駒山荘

〒019-0803 秋田県雄勝郡東成瀬村椿川字仁郷山国有林【地図

☎0182-47-5111

 

 おでかけ情報はこちら

グルメ情報はこちら