SHIINBLOG

旅ログ グルメ&おでかけの欲しい情報がここに

静岡の旅行会社「千代田タクシー 観光事業部」小澤卓也のブログです。

桜花爛漫 ~The Way I Walk~

千代田タクシー観光事業部ブログ

本州最東端(岩手県宮古市)にある浄土ヶ浜「青の洞窟」をサッパ船で探検

東経142度04分16秒

本州最東端(本州の東の端)は岩手県の宮古市にあります。タイトルからすると、いかにも浄土ヶ浜が最東端のように感じますが、浄土ヶ浜は最東端ではなく、実際は浄土ヶ浜の南にある魹ヶ埼(とどがさき)が最東端となります。

 

浄土ヶ浜

f:id:apocket:20170614053558j:plain

 

かつて宮古山常安寺七世の霊鏡竜湖が「さながら極楽浄土のよう」と例えたことから名前が付いたと言われる浄土ヶ浜です。三陸海岸に位置していることもあって、2011年3月の東北大震災では、この浄土ヶ浜も大きな被害を受けました。

今回は復興途上のこの浄土ヶ浜をご案内いたします。

 

浄土ヶ浜ビジターセンター

f:id:apocket:20170614053704j:plain

 

浄土ヶ浜第一駐車場にある「浄土ヶ浜ビジターセンター」です。ここが散策のスタート地点となります。浄土ヶ浜遊覧船(サッパ船ではありません!)のチケット売り場もビジターセンターの入口付近にあって運航状況の確認もこちらでできます。

ここから奥浄土ヶ浜までは車両進入禁止(週末は無料の園内バスあり)です。散策にはビジターセンター内のエレベーターで下に降りて、散策路を歩いていくことになります。奥浄土ヶ浜まで階段はあるものの、スロープも併設されていて、高低差も少ないので、車いすでも安心して散策できるでしょう。

 

浄土ヶ浜ビジターセンター

〒027-0001 岩手県宮古市日立浜町32-69

☎0193-65-1690

9:00~17:00(4月~10月は8:00~18:00)

入館無料

【定休】年末年始

 

浄土ヶ浜遊覧船

f:id:apocket:20170614053733j:plain

 

ビジターセンターのエレベーターで下に降りて、遊歩道を歩き始めると浄土ヶ浜遊覧船が見えてきます。遊覧船の乗り場はこちらです。

浄土ヶ浜周辺を40分ほど遊覧することができます。ただ、週末は定期便があるものの、それ以外は団体の申し込みがあった際に一般の乗船が可能になるというスタイルなので、乗船する場合は事前に「最新の運航予定一覧表」チェックしてください。

 

浄土ヶ浜遊覧船

〒027-0001 岩手県宮古市日立浜町32-4

☎0193-62-3350

大人(中学生以上)1400円 小人700円

 

浄土ヶ浜マリンハウス

f:id:apocket:20170614053759j:plain

 

遊覧船乗り場を横目にトンネルを1つ過ぎると浄土ヶ浜マリンハウスが見えてきます。ビジターセンターからテクテク歩いて10分弱といったところでしょう。

写真がマリンハウスの外観ですが、東北大震災の津波はこの屋根よりも3m高い波が襲ってきて、お店は外枠を残して壊滅状態だったそうです。

 

f:id:apocket:20170614053824j:plain

 

店内では軽食がいただけるようになっています。壁には応援コメントがビッシリと書かれています。

 

f:id:apocket:20170614053911j:plain

 

青の洞窟へ行くには、ここの浄土ヶ浜マリンハウスで受付をします。そこで、ライフジャケットとヘルメットを受け取り装着します。そして「かっぱえびせん」を1人1袋渡されて乗船場へ。写真の場所からサッパ船と呼ばれる2~7人乗りの小舟で出港していきます。

 

f:id:apocket:20170614053931j:plain

 

出港と同時にウミネコもお供をしてくれます。もちろん受付で渡された「かっぱえびせん」がお目当てです。このウミネコ達は餌付けされていて、手からでも上手に餌を取ることができます。

とはいえ、早くウミネコに餌をあげちゃいましょう!ウミネコたちもせっかちなので、出し惜しみしていると…

 

f:id:apocket:20170614053954j:plain

 

「早くくれ!」とヘルメットに乗っかってきたりします。

 

そうこういているうちに目の前に洞窟が見えてきます。

 

f:id:apocket:20170614054021j:plain

 

これが「青の洞窟」と呼ばれいる洞窟です。先ほどの遊覧船では大きすぎて入っていくことはできませんが、サッパ船ならば、洞窟内にはいることが可能です。

 

f:id:apocket:20170614054041j:plain

 

さぁ、いよいよ洞窟へと入ります。船頭さんの案内によると、この洞窟は八戸にまでも通じているのだとか…。

入ってみると10mちょっと入ったところでサッパ船で行ける部分は終わり。案外と短い探検です。ただ、海の透明度は高くて、海の中に小魚の群れを見ることもできます。

さぁ、帰るか…と振り向いた時です。

 

f:id:apocket:20170614054104j:plain

 

この色!です。

これが、この洞窟が「青の洞窟」と呼ばれる所以ですね。太陽光の入り具合によって、エメラルドグリーンに見える時もあるそうです。

 

ちなみに、東北大震災の本震時も、ちょうどこんな感じでお客さんを乗せて青の洞窟を探検していたとのこと。地震の際も船の上は何も感じないそうですが、周囲の洞窟が大きく揺れるので、それで大きな地震だと感じたそうです。

その際は急いでマリンハウスへ戻って、お客さんと一緒に高台へ避難したのだとか…。見たこともないような引き潮のあとに10mを超えるような波にお店が飲み込まれてしまったそうです。

 

今は復活して遊覧船・サッパ船ともに毎日営業していますので、ぜひ極楽浄土のようだと言われる浄土ヶ浜へ遊びにきてください。

 

浄土ヶ浜マリンハウス

〒027-0001 岩手県宮古市日立浜町32-4

☎0193-63-1327

8:30~17:00(12月~2月は休業)

乗船料 1人1500円(大人・子供同額)

 

おでかけ情報はこちら

グルメ情報はこちら