SHIINBLOG

旅ログ.com

静岡の旅行会社「千代田タクシー 観光事業部」小澤卓也のブログです。

桜花爛漫 ~The Way I Walk~

千代田タクシー観光事業部ブログ

ノロッコ号で富良野「ファーム富田」のラベンダー畑を鑑賞

季節限定で運行するノロッコ号

f:id:apocket:20170707123358j:plain

 

ラベンダーが見ごろとなる夏の期間に運行されるトロッコ列車です。毎年同様の期間で運行されていますが、2017年の運行は6月10日(土)・11日(日)・17日(土)・18日(日)、6月24日(月)~8月20日(日)の毎日、8月26日(土)~9月24日(日)の土・日・祝日となっています。

今回は美瑛駅から乗車することにしました。

 

f:id:apocket:20170707123936j:plain

 

石造りのお洒落な駅舎です。ノロッコ号はすれ違いの列車を待つため、早めに美瑛駅に入線しています。

 

f:id:apocket:20170707132900j:plain

 

富良野方面行きのノロッコ号は先頭の4号車~2号車までが自由席で1号車が指定席となります。最後尾に1枚目の写真にあったディーゼル機関車が後押しみたいな感じで連結されています。

そして、なぜ富良野のファーム富田までノロッコ号で行くのか!というと…

 

臨時駅「ラベンダー畑駅」

f:id:apocket:20170707133313j:plain

 

ノロッコ号のみが停車する「ラベンダー畑駅」です。こちらはノロッコ号の運行期間以外は列車が停車しない臨時駅で、ファーム富田への最寄り駅となります。

 

 

駅のスロープを下ったら右に曲がって踏切を渡ります。まっすぐ歩くと2車線の道路に突き当たるので左折。橋を渡ったら右に曲がるので車の往来を確認しながら道路を渡ってしまうのがいいでしょう。橋を渡り終える頃には右手にファーム富田の看板が見えているはずです。

 

f:id:apocket:20170707133815j:plain

 

今回訪問したのは2017年7月4日です。ラベンダーの状況ですが…

 

f:id:apocket:20170707225738j:plain

 

こんな感じです。一面の紫色!というほどでは無いですが、なんとなく紫の色はわかってもらえると思います。上の写真は「倖の畑」です。倖(さきわい)とは、ファームを訪れる方々の幸せを願って名づけられています。それぞれ開花時期の違う4種のラベンダーが植えられていて7月中旬以降はそのグラデーションを楽しむことができます。

 

f:id:apocket:20170707230306j:plain

 

この写真はトラディショナルラベンダー畑で、斜面に植えられたラベンダーが特徴で、日本で最も歴史のあるラベンダー畑となります。丘の上から写真を取れば奥には富良野の雄大な景色を見ることができます。開花状況も倖の畑よりはやや見頃かと…。

 

f:id:apocket:20170707230637j:plain

 

そのトラディショナルラベンダー畑のラベンダーも7月4日現在で、つぼみは膨らんできているものの、開花にはいたっていないので、これが開花してくれば、紫の絨毯のようになることでしょう。

 

f:id:apocket:20170707230816j:plain

f:id:apocket:20170707231417j:plain

 

ラベンダー以外のお花はどれも見頃を迎えています。2枚の写真は駐車場横の売店裏に広がる「花人の畑」です。花が綺麗に植えられてます。

 

f:id:apocket:20170707231043j:plain

 

こちらの写真は「彩りの畑」です。写真のようにカラフルに彩られていて、正に富良野を代表するような花畑が広がります。

 

そんなファーム富田で食べたいグルメと言えば…

 

f:id:apocket:20170707231518j:plain

 

やっぱラベンダーソフトでしょう。園内は開花直前といえどラベンダーの香りがしてきます。そのラベンダーを眺めながら食べるラベンダーソフトは格別のものがあります。

ソフトクリームには実際にラベンダーのエキスが入っていて、コーン300円、カップ250円です。

 

とみたメロンハウス

f:id:apocket:20170707231928j:plain

 

道路を挟んだ場所にある「とみたメロンハウス」です。ファーム富田に隣接していますし、「とみた」というくらいですから、経営が同じかと思いきや、ファーム富田さんとは仲が悪いようで、ファーム富田さんの壁には「とみたメロンハウスの商品を持ち込むことはできない!」と強い表現で書いてあります。

ネットで調べると、兄弟の経営ながら犬猿の仲だとか、そもそも関係が無いらしい等々様々な噂が飛び交っているようです。ファーム富田からでもメロンの気球が上がっているので場所は確認しやすいです。

こちらにはメロンパンはもちろん、メロンに関するスイーツが揃っています。

 

f:id:apocket:20170707232416j:plain

 

が、やはりここは王道のメロンでしょう。カットメロンもありますし、1/4のカットもありますが、せっかくここまで来たのなら半玉がっつり食べましょう!

 

f:id:apocket:20170707232632j:plain

 

ものすごくジューシーです。この半玉のメロンで1000円です。販売されているメロンが1玉3000円前後なのでお得…かな。そして、冷たく冷えているので美味しいんです。完熟してますしね。ここで、さらに贅沢をしたい方はメロンのソフトを真ん中に盛ることも可能です。もちろん追加料金ですけどね。

 

花を眺めてスイーツを楽しむことができるファーム富田さんですが、ゆっくり散策する場合は1時間30分~2時間はあった方がいいでしょう。

また、お店には営業時間がありますが、畑自体は開放されているので営業時間外でも各畑の鑑賞は可能です。

 

ファーム富田

〒071-0704 北海道空知郡中富良野町基線北15号【地図

☎0167-39-3939

営業時間・営業期間は各施設によって異なるのでホームページにて確認してください。

園内ガイドのダウンロードはこちらをクリック

 

とみたメロンハウス

〒071-0704 北海道空知郡中富良野町宮町3-32

☎0167-39-3333

9:00~17:00

【営業期間】6月~10月上旬 期間内無休

 

おでかけ情報はこちら

グルメ情報はこちら