SHIINBLOG

旅ログ   グルメ情報&おでかけ情報

静岡の旅行会社「千代田タクシー 観光事業部」小澤卓也のブログです。

桜花爛漫 ~The Way I Walk~

千代田タクシー観光事業部ブログ

AFCチャンピオンズリーグ 浦和レッズ Vs 済州ユナイテッド「勝者のマナーと敗者のマナー」

2017年5月31日 浦和レッズ Vs 済州ユナイテッド

 

2017年5月31日に行われた、サッカーAFCチャンピオンズリーグのラウンド16第2戦が浦和レッズのホーム埼玉スタジアムにて行われました。

ラウンド16はホーム&アウェーで行われるもので、すでに済州のホームで第1戦が行われていて、結果は2-0で済州が勝利。浦和にとっては2点差以上で勝利しなければ敗退が決定。たとえ2点差で勝利したとしても、3-1など失点をしてしまった場合はアウェーゴール数の多いチームの勝ちとなるので、浦和レッズにとっては、相当厳しいものに、逆を言えば済州にとっては、かなり有利な状況で臨んだ第2戦でした。

 

試合はとても白熱したもので、浦和レッズが前後半の90分で2-0で勝利しました。

これにより、第1戦と第2戦の2戦合計2-2ということで、試合は勝者を決めるための延長戦に…。

そして延長後半9分に浦和レッズのDF森脇良太がゴールを決めて2戦トータル3-2と逆転!という痺れる試合展開でした。

 

それでは試合のハイライトをご覧ください。

 

 

さすが公式映像だけあって、一切混乱している状況は映像にはありませんが、延長後半9分のゴール後に、残り6分守り切れば浦和の勝利ということで、浦和は無理な攻撃はせずに相手コーナー付近でボールキープという行動に出ます。これは試合終了間際に逃げ切るチームがよく取る行動です。

ここで最初の事件が…

浦和がボールキープしていたボールを済州に取られた際に、選手同士の言い争いがあり、さらにそこへ済州の控え選手DFペク・ドンギュがベンチから走り寄って浦和のMF阿部勇樹にジャンプしながら肘打ち。もちろん試合には出場していないけれど主審から一発退場を言い渡されます。

しばらくのもみ合いの後に試合は再開するものの、そのまま試合終了!

 

これでも後味の悪さが残る試合ではありましたが、まだまだ気持ちの収まらない済州の選手たちが、さらなる乱闘を引き起こしてしまいます。

 

 

試合後の乱闘騒ぎということで、一見すると全選手がもみ合いになっているようにも見えますが、よく見ると追われているのは浦和のDF槙野智章だけなんですよね。

さらに詳しく見てみると、試合終了直後は両チーム共に問題は無かったんですが、突然槙野選手の付近で小競り合いが始まるのです。色々と騒がれいるこの問題ですが、原因はどうやら、この辺にありそうです。

 

そこで、さらに詳しくそのシーンを別の動画で見てみたのですが、槙野選手が済州の選手に対して指を3本立てて何かを言った直後に小競り合いが始まります。

各ネットニュースでは試合直後のガッツポーズが問題視されているようで、本人も「当然ガッツポーズはする」とコメントしているんですが、実は本当の原因は3本指では無いかと思われます。現にガッツポーズの時は相手は何も反応していませんから。

 

6月1日でアジアサッカー連盟AFC)が調査するということで、各選手に事情を聴いた上で、厳正な処罰があると思います。

まず、済州ユナイテッドに関して言えば、韓国国内のメディアでも批判されている通りで最低のパフォーマンスであり、フェアプレーを信条とするサッカーの精神を冒涜するものです。特に試合中に控え選手がベンチから飛び出し、プレー中に選手に暴力を振るうという点に関してはスポーツ以前の問題で、相当な厳しい処分が出て当然でしょう。

チームに対しても、同様で二度とこのような事が起こらないように厳しい処分を望みます。

まさに「敗者のマナー」を欠いたバッドルーザー(Bad Looser=悪い敗北者)と言えるでしょう。

 

勝者のマナーとは

f:id:apocket:20170602013659j:plain

 

試合に勝てば何をしても、言ってもいいのか?と言えば、それは違います。

ラグビーの言葉を借りれば「ノーサイド」というのが、全てのスポーツに共通したスポーツマンシップです。ノーサイドとは試合が終わればサイドが無い、つまり敵も味方も無いという意味です。

今回の槙野選手に対しても何かしらの処分が出るでしょう。確かに気持ちが高ぶっているのかもしれませんけど、試合が終わったのならば、ノーサイドで相手を称えてこそ、プロと呼ぶにふさわしいでしょう。

 

やめてほしい!

今回の件に絡んでネットで済州の選手を批判するコメントが相次いでいます。それは、しょうがないことでしょう。が!コメントの中を見ると、時々今回の1件をもって韓国という国や韓国人を批判するレベルの低いものが散見されます。

スポーツの世界のみならず、人種差別は徹底追放されるべきです。

 

FAIR PLAY PLEASE!