SHIINBLOG

旅ログ   グルメ情報&おでかけ情報

静岡の旅行会社「千代田タクシー観光事業部」のブログです。人気カテゴリーの「おでかけ情報」や「グルメ情報」では他のサイトでは紹介されていないような穴場情報も数多く掲載しています。また、静岡側からの南アルプス情報や静岡発・清水港発の各種観光モデルコースもおでかけの参考にしてみてください。              

桜花爛漫 ~The Way I Walk~

千代田タクシー観光事業部ブログ

静岡発 観光モデルコース(日帰り 山梨桜名所めぐり 身延山久遠寺しだれ桜~王仁塚の桜~神代桜~妙了寺)

7:30 静岡市内出発

2018年の桜は例年に比べて1週間から10日ほど早い開花。そして開花してからあっという間に満開宣言が出たり…。そんな訳で、今回は急遽出発日を決めて出発です。

 

8:45 身延山久遠寺のシダレ桜を観桜

f:id:apocket:20180331225456j:plain

 

日蓮宗の総本山、身延山久遠寺です。こちらは本堂横にある枝垂れ桜が見頃を迎えていました。今は新東名のおかげで静岡市内から1時間15分で到着です。

お邪魔したのは3月30日でしたが、見頃を迎えたとのことで、総門から三門までが朝9時~16時まで交通規制で通行止めになっています。9時前に総門を通過できれば上の駐車場まで行くことができますが、それ以降は臨時駐車場に駐車して、シャトルバスを利用する必要があります。

 

三門から境内へは急な階段

f:id:apocket:20180331231036j:plain

 

写真は境内から階段を見下ろした感じですが、三門からの階段はとても急で一段一段がとても高いので、自信のある方以外はおすすめできません。もはや合宿や修行の領域です。

 

上の駐車場からは斜向エレベーターで境内へ

f:id:apocket:20180331231403j:plain

 

以前は駐車場から緩やかな坂を歩いて境内まで行ってましたが、今は駐車場からこの斜向エレベーターで楽々境内へ行くことができます。乗車料はなんと無料!いやいや、乗車時に賽銭箱がありますから、強制ではありませんが、お気持ちの御協力をお願いします。

 

まずは本堂にお参り

f:id:apocket:20180331232128j:plain

 

まずは本堂にお参りを済ませます。平日の朝9時の時点でこれだけの人がいますので、枝垂れ桜が見頃の週末となると、相当な人の出が予想されます。

 

本堂の横に枝垂れ桜が!

f:id:apocket:20180331232511j:plain

 

境内には他にも枝垂れ桜がたくさんありますので、ゆっくりと観桜してください。

 

身延山久遠寺

〒409-2524

山梨県南巨摩郡身延町身延3567【地図

☎0556-62-1011

 

9:50 道の駅富士川で休憩

f:id:apocket:20180331235218j:plain

 

増穂ICに併設されるようにある道の駅富士川です。こちらで休憩をして次を目指します。

 

10:45 王仁塚の桜を観桜

f:id:apocket:20180331235534j:plain

 

南アルプスから韮崎に向かって県道12号線を走っていると左手に大きな1本桜が見えてきます。これが王仁塚(わにづか)の桜です。今は県道沿いに乗用車用の無料駐車場が整備されています。その駐車場から歩いて2~3分で桜に到着です。

場所は地図を参照してください。

 

 

写真にも映りこんでいるんですけど、近くに送電線の鉄塔が建っていて、これがものすごく邪魔です。写真を撮影する場合はその電線や鉄塔は外すことを意識しましょう。

 

ベストショットは八ヶ岳とのコラボ

f:id:apocket:20180401000257j:plain

 

桜の時期の八ヶ岳は少し雪が残っていて、桜との相性もバッチリ!この写真で人が映っているので桜の大きさと周囲に何もないことがわかると思います。

ちなみに、写真の右端に車が小さく見えますよね?そこが県道沿いの駐車場です。

 

11:30 台ケ原宿で昼食を取って散策

f:id:apocket:20180401000659j:plain

 

国道20号を諏訪方面に進めて、一度神代桜の入口を通過して、坂を上った辺りが、甲州街道の台ケ原宿です。今回は台ケ原宿の臺眠さんで昼食です。

建物に入ったら右手の階段を上って2階に上がると…

 

f:id:apocket:20180401001005j:plain

 

オープン直後で、まだ誰もいない店内でした。

こちらは同じく台ケ原宿にある酒蔵「七賢」さんの直営レストランなんです。なので、席に案内されると最初に出てくるのが…

 

飲み水は七賢の仕込み水!

f:id:apocket:20180401001445j:plain

 

まず提供されるお水は、七賢のお酒を仕込む際に使用されているお水なんです。テーブルに持ってくると栓を抜いてくれます。この水のまろやかなこと!この後の料理に期待が膨らみます。

 

麦とろ定食1620円

f:id:apocket:20180401002136j:plain

 

麦とろ定食をいただきました。麦めしに右上の壺に入っているとろろを掛けていただきます。漬物はもちろん奈良漬け。その酒の風味は半端ありません。そして左上のデザートも日本酒の風味があって、さすが七賢さんの直営レストランなんだなという感じ。

他に七賢の麹を利用した鮭の麹漬け定食1620円もおすすめです。

 

七賢蔵元直営店 臺眠

〒408-0312

山梨県北杜市白州町台ケ原2287【地図

☎0551-35-5111

11:30~15:00

【定休】火曜日・年末年始

 

食後は宿場の散策を…

f:id:apocket:20180401003428j:plain



昼食をいただいた後は宿場町を散策です。臺眠さんの向かい側にあるのは、信玄餅の登録商標を持っている金精軒の本店があります。夏のシーズンになると行列ができるという、水信玄餅が大人気です。

 

f:id:apocket:20180401003710j:plain

 

もちろん七賢さんもあります。試飲もできるので、味を確かめながらお酒選びもおすすめです。また、明治天皇の行在所をあって、10時~15時の毎時00分に見学ツアーも開催しています(大人1人200円)。

 

13:10 実相寺の神代桜を観桜

f:id:apocket:20180401005114j:plain

 

実相寺境内にある日本三大桜の1つ「山高神代桜」です。樹齢は1800年とも2000年とも言われている日本で一番古い桜の木で、天然記念物に指定された第1号になっています。

よくこれだけ古い桜が花を咲かせることができるものだと、ただただ驚きます。

 

スイセンも見頃

f:id:apocket:20180401010250j:plain

 

境内には神代桜の他にもスイセンがあって、奥に見える桜とのバランスも最高です。

境内の桜には日本各地の名木の子孫が植えられています。身延の枝垂れ桜、薄墨桜等々。ここに来るだけで日本全国の桜を見ることができるわけです。

 

宇宙から戻った神代桜

f:id:apocket:20180401011703j:plain

 

境内には写真の桜が境内の外れた場所の植えられています。これは神代桜の種子をスペースシャトルに積み込んで、無重力状態で8ヵ月過ごしたものを、宇宙飛行士の若田光一さんが持ち帰って植えたものです。

 

花びらが6枚!

f:id:apocket:20180401011939j:plain

 

実はこの桜ですが、よく花を見てください。桜の花びらは通常5枚ですが、この宇宙から戻った神代桜は一部6枚なんです。これが無重力の影響なのか解明はされていません。

 

実相寺

〒408-0306

山梨県北杜市武川町山高2763【地図

☎0551-26-2740

 

14:00 道の駅韮崎で休憩

f:id:apocket:20180401012148j:plain

 

静岡への戻り路で、道の駅韮崎で休憩をとりました。

 

14:45 妙了寺で観桜

f:id:apocket:20180401012318j:plain

 

南アルプス市にある妙了寺です。こちらは桜の寺ということで知られていて、境内は多くの桜の花で埋め尽くされていました。

 

f:id:apocket:20180401012522j:plain

 

一面を埋め尽くすほどの桜です。

 

妙了寺

〒400-0317

山梨県南アルプス市上一之瀬724【地図

☎055-283-4541

 

16:00 身延ゆばの里で休憩

 

52号線で静岡を目指す途中、身延町にある「身延ゆばの里」で休憩をとりました。

 

17:30 静岡市内に到着

 

新清水ICから新東名高速道路を利用すると身延町から1時間30分ほどで静岡市内に到着です。

 

観光コース・タクシーツアーの情報はこちら

 

おでかけ情報はこちら

 

グルメ情報はこちら